水域保護規制―黄河保護法(草案)の意見募集稿

2022-01-26 CIRS

黄河流域の生態保護を強化し、黄河の安全を確保し、水資源の集約利用を促進し、高品質の開発を向上させ、黄河文化を保護、継承、促進しようとするため、2021年12月23日に、全国人民代表大会常任委員会のメンバーは、黄河保護法案をグループで検討し、黄河文化を破壊した行為に対する責任に関する規定を追加しました(全国人民代表大会のウェブサイト)。参加者は、科学的且つ標準化且つ効果的な黄河保護法を策定することが非常に重要であり、不可欠であると信じ、草案について意見や提案を提出しました。翌日から2022年1月22日まで、公開に意見募集が行われましたが、既に終了です。三つ立法構想があります。

  1. ポイントを強調し、生態系の保護と回復、水資源の経済的かつ集中的な利用、水と堆積物の規制、洪水調節の安全性について特別な内容を策定することです。
  2. 問題の方向性を守り、水が少なく砂が多い黄河の現状と特性、水と砂の不調和な関係、脆弱な生態環境を考慮して、特定の地域や特定の問題に対して特別な制度的措置を講じます。
  3. 全体的な計画を堅持し、西部地域の開発や中部地域の台頭などの地域協調発展戦略との相互推進を強化することに注目し、保護と開発、保護と利用の関係のバランスを取ります。


草案の内容

この草案は、黄河流域の未解決の問題に焦点を当てており、生態保護と回復、水と堆積物の規制と洪水制御の安全性、汚染の防止と制御、黄河文化の保護、継承、促進について規定しています。

草案には、計11章105条あります(中国人民代表大会ウェブサイト)。

ポイント10

  • 適合範囲の確定
  • 統合調整メカニズムの確立
  • 計画、指導、制限の役割を果たすこと
  • 生態保護と回復を促進すること
  • 取水許可の承認を明確にすること
  • 水と砂の調整をしっかりと把握すること
  • 汚染防止および管理システムを健全すること
  • 河川流域の質高い開発を支援すること
  • 黄河文明の保護と継承
  • セーフガードと監視システムを改善すること

黄河保護法に関する新聞情報

2022年の全国水利作業会議での李国英のスピーチ

2022年1月6日に、2022年全国水利作業会議におけて、“水法制度を完善させ、黄河保護法と節水条例の早期導入を促進する”とのことは、2022年の最も重要なタスクの1つだと水利部党書記、部長李国英に指摘されました。

《水利システム法規制宣伝教育第8次五カ年計画期(2021-2025年)》

《計画》により、水利の高質量発展と密切関係する法律法規を研究、宣伝ならびに推進すると指摘されます。その第四:揚子江保護法、黄河保護法、土壌・水保全法、揚子江の砂採掘管理条例、太湖水域管理条例等法律法規を研究、宣伝し、河川と湖の海岸線の管理と制御を強化し、水の生態系を保護と回復し、河川と湖の長期的な生態調整役割を十分に発揮し、河川と湖の管理と保護能力を向上させ、河川と湖の生態環境を復活させて、そして川や湖の健康的な生命を維持します。

専門家から草案への考え:

http://www.npc.gov.cn/npc/hhbhflf003/202112/2cf10dd706364514bbbb4e30e2e47241.shtml

考え1:なぜ単独立法しますか?

考え2:どう水と砂の関係を調整しますか?

考え3:どう水資源の不足と需給不平衡という未解決の問題を解決しますか?;

考え4:どう弱い生態系を保護し、効果的な回復を強化しますか?

 

草案の原文は下のリンクを通して、自由にごダウンロードください。

http://www.npc.gov.cn/flcaw/flca/ff8081817ddb1774017deac07f7e21bf/attachment.pdf

この後、進捗が進みましたら、また連絡させていただきたいと思います。宜しくお願い申し上げます。



お問い合わせ

service@cirs-group.com

セミナー情報

時間 : 2022-07-20
場所 : ZOOM
時間 : 2022-07-12
場所 : ZOOM
時間 : 2022-06-30
場所 : ZOOM