ECHA EUでは10種類のフタル酸エステルが基本的に廃用される

2022-04-21 CIRS

2022年4月4日、EU広報に基づき、REACH(EC)No. 1907/2006の第69条(2)に従って高懸念物質の認可対象リスト(付属書XIV)に記載されている物質(フタル酸エステル10種類を含む)について、ECHAは日没日以降に物質を使用することで、産生されるリスクが適切に管理されているかどうかを検討する必要があり、そうでない場合は、付属書XVにある制限文書をさらに作成する必要があります。

ECHAは、さまざまな情報源から、文献において10種のフタル酸エステルの用途情報を収集しました。製品に含有される物質の使用がEUで基本的に廃止されたと判明することは、ECHAはその認可申請を受け取っていなかったためです。「廃棄物枠組指令」(SCIPデータベース)8に基づいて提出された製品に含有される物質の義務の履行に関する資料によると、10種類のフタル酸エステル(フタル酸n-ペンチルイソペンチルを除く)のうち、9種類のが輸入製品にのみ存在され、また、輸入事業者ごとに1トン未満の物質を輸入していますとのことです。さらに、2021年12月8日から2022年1月26日までの意見公募の期間中、EU市場に出された製品に含まれているこれらの物質は、新たな用途が発見されませんでした。

既存情報の評価に基づき、ECHAは、10種類のフタル酸エステルをさらに大規模の審査を行う必要があると考えています。フタル酸エステル類(主要成分がC4-C6)は、持続可能な化学物質戦略に基づいた制限を提案する制限ロードマップ(欧州委員会によってまもなく公開される予定)に含まれています。

REACH規制の許可対象となる物質には、10種類のフタル酸エステルが含まれ、そのうち、附属書XIV基づいて7種類のは期限が過ぎており、3種類のは2021年8月27日の最新申請日の前に認可申請が提出されていません。それらは類似の機能(すなわち、高分子材料の添加剤)を持ち、関連しています。

10種類のフタル酸エステルは以下のとおりです。

  • フタル酸ジイソアミル
  • Di-C6-8分岐フタル酸アルキル(C7が豊富)
  • 1,2-フタル酸-ビス(C7-11分岐および直鎖)アルキル(アルコール)エステル
  • n-アミルイソアミルフタレート
  • フタル酸ジメトキシエチル
  • フタル酸ジペンチル
  • n-アミルイソアミルフタレート
  • フタル酸ジ-n-ヘキシル
  • フタル酸ジヘキシル
  • 1,2-フタル酸、ジ-C6-10-アルキルエステル、または0.3%以上のフタル酸ジヘキシル(201-559-5)

フタル酸エステル類は、主に可塑剤としてプラスチック製造に広く使用されていますが、内分泌かく乱物質による健康被害のため、EUの先進国での使用が大幅に制限されています。

 

関連ニュース

 

 

 

お問い合わせ

service@cirs-group.com

セミナー情報

時間 : 2022-06-15
場所 : ZOOM
時間 : 2022-05-19
場所 : ZOOM
時間 : 2022-05-12
場所 : ZOOM