EU SCCSが化粧品中のアルミニウムの安全性に関する意見募集を発表

2022-06-15 CIRS

2022年5月30日、EU消費者安全科学委員会SCCSはアルミニウム(Aluminium)に関する意見募集稿SCCS/1644/22を発表し、制汗剤以外のスプレー製品におけるアルミニウム化合物の安全性を評価できないと結論しました。意見公募の締め切りは2022年7月25日です。

アルミニウム、英語名Aluminium。化粧品、スキンケア用品における主な役割は着色剤であり、この成分は唇に使用できず、妊婦には一般的に影響を与えません。

SCCSは以前アルミニウムに対して安全性評価を行ったことがあり、対応書類はSCCS/1633/19であり、結論は以下の通りです。

以下のアルミニウム濃度では、化粧品は安全です。

  1. 6.25%が非スプレー消臭剤または非スプレー抗汗剤に使用されます。
  2. 10.60%がスプレー型の脱臭製品または制汗製品に使用されます。
  3. 2.65%が歯磨き粉に使用されます。0.77%が口紅に使用されます。

最新の意見募集稿SCCS/1642/22において、SCCSは以下の状況でアルミニウム化合物が使用するとき、安全だと結論しました。

  1. 報告された非スプレー製品における使用量は基本的に安全です(詳細は原文の表4を参照)。
  2. スプレー型制汗製品では、直径10ミクロンの粒子の最大割合がエアロゾル粒子全体の20%を超えないことが前提となると、安全です。

SCCSは制汗剤以外のスプレー型製品におけるアルミニウム化合物の安全性を評価できないため、この製品(薄い香水、香水、ヘアスプレーを含む)は本意見から除外されます。

CIRSが自主研究・開発した中国化粧品原料法規データベース()の検索情報により、アルミニウムはすでに中国の「使用済み化粧品原料目録」に収載され、着色剤として、「化粧品安全技術規範」の準用着色剤表に組み込まれており、CI 77000に対応しており、各種化粧品に使用でき、限値要求がありません。

 

関連ニュース

 

サービス

  • 中国化粧品登録・届出
  • 中国化粧品新原料登録・届出

 

 

お問い合わせ

service@cirs-group.com

セミナー情報

時間 : 2022-07-20
場所 : ZOOM
時間 : 2022-07-12
場所 : ZOOM
時間 : 2022-06-30
場所 : ZOOM