グローバルな化粧品法規監督管理要求の概要指南

2022-11-21 CIRS

ここ数年の「国潮ブーム」の巻き起こしは、ますます多くの中国国内の新鋭ブランドが海外進出を試みていることを後押ししています。化粧品企業が輸出計画と製品開発の段階で化粧品法規の監督管理要求をより明確に理解できるように、CIRSグループは化粧品と原料コンプライアンス分野の豊富な経験に基づき、世界の化粧品法規に対して整理し、化粧品企業が法規情報収集の過程で発生しやすい情報検索の不備、困難、時間と労力がかかる問題を解決するための一冊の「グローバルな化粧品法規監督管理要求の概要指南」をまとめました。

この指南は、中国、EU、米国、日本、韓国、カナダ、台湾、ASEANの化粧品関連法規を統合しています。化粧品定義、化粧品分類、監督管理方式、監督管理機構、主要化粧品法規、ラベル管理法規、主要化粧品原料目録名称、使用禁止成分目録名称、使用制限成分目録名称、防腐剤目録名称、日焼け防止剤目録名称、着色剤目録名称、染毛剤目録名称、重金属指標制限値、微生物指標制限値、その他のリスク物質(メタノール、ジラミ、アスベスト)、効能宣言要求法規文書、合計17セクションの内容があります。この指南は世界の化粧品関連法規をセクションごとに整理、統合し、内容が真実で、データの出所が信頼でき、コントラストは明確です。化粧品法規の検索が難しいという問題を完璧に解決できます。

C:\Users\CIRS\Desktop\81F208CD-D6A6-4e6c-8088-C2BF62BF2456.png

ご購入に関心がある場合は、次の方法で予約を問い合わせることができます。

  1. 電話:0571-87206546
  2. メールボックス:cosmetic@cirs-group.com
  3. 企業向けのWeChat:

            C:\Users\CIRS\Desktop\AC772B88-7700-47c0-A6A2-FF4AFF8BC8DB.png

本指南は、CIRSグループ傘下の化粧品ワンストップデジタルコンプライアンスサービスプラットフォーム——「妆合规」(化粧品コンプライアンス)と併用することにより、コンプライアンスリスクを低減し、化粧品企業の製品開発と上市の加速を後押します。

 

会社概要:2007年に設立されCIRSグループは、グローバルで専門的な製品安全およびコンサルティング機関で、本社は中国杭州にあり、アイルランド、米国、英国、韓国、中国北京・南京に多くの支社が設置されます。工業化学品、化粧品、食品、医療機器、消毒剤、農薬、消費生活用製品関連機構に、コンプライアンスコンサルティング、実験室試験、革新的研究開発、データサービスに至るまでのワンストップコンプライアンスサービスを提供し、企業が製品コンプライアンスを実現し、迅速に市場の参入ができ、グローバルな競争力を高めるのを支援します。

 

 

お問い合わせ

service@cirs-group.com

セミナー情報

時間 : 2022-12-20
場所 : ZOOM
時間 : 2022-12-07
場所 : ZOOM
時間 : 2022-11-24
場所 : ZOOM