EUはCLP規則の付属書VIを改訂 強制GHS分類とラベルに39の新規物質が追加収載される

2022-05-10 CIRS

欧州化学物質庁(ECHA)のリスク評価委員会(RAC)は、社会的な意見を検討した後、(EC)No1272/2008「物質および混合物の分類、表示(ラベル)、および包装に関する規則」(CLP規則)の付属書VIに強制分類リストの改訂案申請を通過しました。改訂では、39条目が追加され、17条目が改訂され、一つの条目が削除されました。改訂は2022年5月3日に発効され、2023年11月23日から実施されます。

新たに追加される39条目は以下の通り:

  • メラミン:発がん性カテゴリー2およびSTOTREカテゴリー2
  • ベンゾフェノン:発がん性カテゴリー1B
  • 二酸化テルル:生殖毒性カテゴリー1B
  • テオフィリン:生殖毒性カテゴリー1B

改訂された17条目には、クメン、トリクロロシラン、五酸化バナジウム、2-ブトキシエタノールなどが含まれ、インデックス番号615-007-00-Xに対応した条目も削除されました。

CLP付属書VIは、EUにおける化学品の強制的なGHS分類および表示のリストであります。 改訂された規制が実施後、企業は新しいGHS強制分類に従って化学品のSDSとラベルを作成する必要があります。

 

 

サービス

 

 

お問い合わせ

service@cirs-group.com

セミナー情報

時間 : 2022-06-15
場所 : ZOOM
時間 : 2022-05-19
場所 : ZOOM
時間 : 2022-05-12
場所 : ZOOM