中国国務院、「危険化学品安全総合管理方案」の公布に関する通知

12月6日に中国国務院が「危険化学品安全総合管理方案」を公布しました。(略称「方案」)。「方案」では、「これからの三年間(2016.12-2019.11)全国の危険化学品安全総合管理業務を3段階に分かれて進む」と明確に定められています。さらに「方案」では、党中央と国務院が発表した安全生産強化に関する一連の重要方針決定を徹底して実行して、天津港「8.12」瑞海公司危険品倉庫特別重大火災爆発事故の教訓を汲み取り、全面的に危険化学品安全総合管理を強化して、国民の生命と財産の安全を確保することを目的とします。

「危険化学品安全総合管理方案」は危険化学品安全総合ガバナンスを具体的に分業化して、各部門の責任を明確しました。整備内容は主に以下10つに分かれており、細分化すると、40条になります。即ち: 

1.   全面的に危険化学品安全リスクの排除 
全面的にリスクを排除して、重大危険源を重点的に調査して排除します。

2.   有効的に危険化学品重大事故発生の防止
高危化学品と危険化学品の重大危険源への管理コントロールを強化して、化学工業バーク、危険化学品と関する重大リスク機能区域と危険化学品貯蔵区域へのリスク管理を強化して、人口密集区の危険化学品生産企業の転移工程を全面的に実施して、危険化学品輸送安全への管理コントロールを強化して、石油・天然ガス運送パイプの安全保障上の潜在的危険排除成果を強化します。

3.   危険化学品安全監督管理体制の健全化
政府監督管理体制をさらに健全化させて、より効果的な統一と調整の制度を築きます。技術業界の業務担当部門に対して、責任追及が強化されます。

4.   危険化学品安全の法に基づくガバナンスの強化
法律法規体制を充実させて、危険化学品安全標準管理体制を充実させて、相関標準を制定して充実させます。

5.   計画配置と参入条件など源からの管理コントロールの強化
統一した計画を編成して、産業配置を規範化させて、厳しい安全参入をして、危険化学品建設工程の設計と施工質量の管理を強化します。

6.   法に基づく企業主体責任実行の推進
安全生産相関法律法規をより徹底的に実行して、「一書一籤」要求を真摯に実行して、安全生産重大科学技術特別プロジェクトを推進して、安全生産標準化建設の推進を深めて、検査法執行を厳しく規範化させて、法による責任を厳しく追及して、「ブラツク·リスト」制度を形成して実施して、危険化学品の廃棄と処置を厳格化させます。

7.   危険化学品安全保障能力の強化
危険化学品安全監督管理能力の建設を強化します。そして、積極的に社会の力を借りて、危険化学品安全監督管理を協力します。また、安全や環境保護の評価など第三者であるサービス機関への監督管理も厳格化させます。さらに、国際の先端経験を学んで、重大事故を予防します。

8.   危険化学品安全監督管理情報化建設の強化
危険化学品登録制度を充実させて、全国的な危険化学品情報共有プラットフォームを構築して、国家危険化学品安全公共サービスのインターネットプラットフォームを構築します。

9.   危険化学品緊急救援業務の強化
応急措置要求を一層規範化させて、資金援助を拡大して、危険化学品専門応急能力開発を強化して、危険化学品応急対応マニュアルへの管理を強化します。

10. 危険化学品の安全宣伝と人材の育成の推進
危険化学品安全の宣伝と普及を力強く推進して、化学工業業界の管理職人材の育成を一層推進して、化学工業産業工人の育成を加速させます。

近頃の「『第13次五カ年計画』生態環境保護計画」と「危険化学品安全総合管理方案」の発表、「危険貨物道路運送管理規則」の意見募集と「危険貨物道路運送安全規制」(JT617)業界標準の意見募集など危険化学品相関部門規則の修訂、「危険化学品経営企業開業条件と技術要求」(GB18265-2000)と「常用化学危険品貯蔵通則」(GB15603-1995)の修訂(GB17914-2013、GB17915-2013、GB17916-2013とGB15603-1995標準統一化)、及び国務院591号令の修訂と「危険化学品安全法」の立法調査などの展開に伴い、危険化学品の安全生産、使用、保管、運送と処置など全生命周期安全と危険貨物の貯蔵と運送などに関する監督管理が今後ますます厳しくなることが予想されます。

弊社は引き続き関連法規制の動きを注目して、リアルタイムにて最新情報を伝達致します。化学品サプライチェーンの各環節の法規対応について、何かご質問などがありましたらお問い合わせください。ぜひご協力させていただきたいと考えております。