ECHA オンライン販売に関する執行プロジェクトを実施する予定


2018年6月19日-20日、ECHAの執行情報交換フォーラムの第30回の会議で、物質、混合物、物品のオンライン販売に関する執行プロジェクトを実施する予定が表示しました。危険化学品の制限とラベルの表示義務などを含む可能性があります。

原因は、パイロットプロジェクトの対象としてのオンライン販売で違反割合が高いということが発見されました。新たな執行プロジェクトは、2019年に作成し、2020年に実施し、その報告書が2021年に公表する予定です。

なお、六価クロム化合物(chromium VI compounds)とほかの物質に関する執行プロジェクトの検査は2020年に展開することが可決されました。川下使用者は十分な時間でその物質の許可使用をECHAに報告でき、検査者がもっと多くの物質を対象として取り扱います。許可を取得しなく、物質を使用している企業は、重点目標として検査を行います。許可を取得した企業、または川下使用者は許可規定に合致するかどうかが検査される可能性があります。

ECHA News

お問い合わせ
info@cirs-group.com