化粧品と新原料登録届出の解読

中国で販売する準備

1.製品の分類により、相応する法規に従う

  • 一般美容効果石鹸:登録届出申請が不要、直接販売できる
  • 育毛、バストアップ、健美類の製品はすでに化粧品として扱わない
  • 通常スキンケア、ヘアケア、ボディーケア、ネイルケア、脱毛、除臭、香水、メークアップ等の製品が一般化粧品に属し、中国で販売される前に、国家薬品監督管理局(NMPA)又は地方薬品監督管理局で事前届出申請を行う必要がある
  • 特殊化粧品は脱毛防止、美白/シミ取り、日焼け止め、染髪、パーマ及び新効能を宣伝する製品で、販売する前に国家薬品監督管理局(NMPA)で事前登録申請を行う必要がある。

2.国家薬品監督管理局(NMPA)又は地方薬品監督管理局の届出流れ


3.販売開始後の監督管理

一般化粧品:

  • 主要管理部署が一部備案(届出)済みの化粧品に対して技術審査を行う
  • 2022年から、備案(届出)済みの化粧品は法規通りに年間報告書を提出しなければならない。


化粧品原料の登録備案

使用前の監督管理

図1 化粧品原料の初期評価


※注:INCIC中国使用済み化粧品原料目録(IECIC 2021版)

         INCSC中国現有化学物質名録

(以上の目録はChina CosIngの使用でワンクリック検査可能)

CIRSが発行する中国化粧品原料管理データベース(China CosIng)

図2 使用前の登録備案の流れ


申告後の監督管理

図3 登録届出済みの化粧品新原料

図4 申告済みの新規化学物質                                                                                                        


CIRSを選ぶ理由

  • 化粧品企業にワンストップサービスの提供
  • 製品安全管理と法規コンサルティング
  • 製品が早めに市場で流通する
  • 専門のチームと豊富な従業経験
  • グローバルなパートナーシップ
  • 厳格な秘密保持制度

                                                                                                                                     


お問い合わせ

info@cirs-group.com