K-BPR 第一組の既存有効成分の事前申告および承認計画の提出がまもなく終了

生活化学製品及び殺生物剤の安全管理に関する法律によると、韓国で既存有効成分を製造および輸入する前に、企業は猶予期間内に承認を得る必要があります。現行の法律では明確な提出期限がないが、環境省から承認を得るために関連する資料の提出は、政府の審査過程が必要の時間を考慮しなければなりません。最近、韓国の環境省(MoE)は、資料提出期限の混乱を解消し、猶予期間内の殺生剤の安全性を確保し、処分庁の行政処分の根拠などを提供するために、第一組の既存有効成分の事前通知期限、承認計画期限、および承認申請の提出時間を規定します。

第一組の既存有効成分とは、猶予期間が2022年12月31日までのことであります。関連企業は猶予期間が終了する前に物質承認を取得しなければなりません。MoEの承認審査は少なくとも1年半が必要なので、適時に物質承認を得ることを確保するために企業は事前に関連資料を提出する必要があります。規定期限内に承認計画書を提出することや改善することをしない、またはMoEに不合格と審査された場合、物質を既存の物質リストから除去し、その生産、輸入、販売も禁止されます。

猶予期間内に上記の物質を生産または輸入することのみを計画し、期間が満了した後に生産をしないまたは代替物質を使用することを計画している場合、企業は説明文を提出し、猶予期間内にも物質を生産、輸入、販売し続けることができます。

締切期限について

  1. 事前申告:2021年9月30日
  2. 承認計画:承認申請の期限前に提出する
  3. 承認申請(第一組の既存有効成分):
  4. LRとしてまたは単独に提出:2021年10月31日
  5. 共同提出(AM、PM):2021年12月31日

締切期限を超えると、企業は化学製品管理システム(CHEMP)を通じてオンライン提出または紙版文書の提出ができなくなります。単独に提出された承認書類が自主更新する必要がある場合は、2021年11月30日までに完了する必要があります。締切日までに承認書類が提出されない場合、関連する製造業者または輸入業者は、適時に川下ユーザーに通知しなければなりません。

承認を得た後、既存化学物質には事前申告されたトン数と危険有害性によって、異なる登録猶予期間(最長10年)が与えられます。企業は、有効期間が満了する前に再度承認を取得する必要があります。

罰則

関連する義務が履行されていないことが判明した場合、製品の製造および輸入は禁止され、すでに販売された製品も回収されます。さらに、関連会社は高額の罰金の対象となる可能性があり、関係者は最大7年の懲役を科される可能性があります。

ガイダンス文書

9月9日、NIERは関連するガイダンス文書を発行し、承認のプロセス、申請資料の記入、およびデータ提出について説明しました。

既存の殺生物剤の猶予期間

  1. 消毒剤、殺藻剤、殺鼠剤、殺虫剤、忌避剤:2022年12月31日まで
  2. 木材用保存剤、脊椎動物と無脊椎動物除去剤:2024年12月31日まで
  3. 製品保存用保存剤、製品表面処理用保存剤、繊維・皮類用保存剤:2027年12月31日まで
  4. 建築資材、材料・装備、死体・剥製用保存剤、撥水・防汚剤:2029年12月31日まで


サービス




お問い合わせ

info@cirs-group.com