食品接触材の移行試験

食品接触材及び製品は食品と接触する過程中、その成分及び添加物が食品の中に移行する可能性があります。これらの移行物質に有毒有害物質を含有する場合、人体健康に影響を与えます。

「中華人民共和国食品安全法」第五十二条によりますと、食品関連製品の製造企業は、関連した食品安全標準に基づいて作られる食品、食品添加物、食品関連製品に対して試験を行い、試験結果が合格した後に出荷・販売が行えます。

移行試験とは

移行試験は、食品接触材及び製品(FCM :Food Contact Material)の成分が接触する食品或は食品模擬物の中に移行した移行量を測定するために、規定された条件下で行う試験を指します。

FCM移行試験に関する法規制

GB 4806.1 – 2016 食品安全国家標準 食品接触材及び製品通用安全要求」

第3条第1項 食品接触材及び製品が指定した使用条件下で食品に接触する際に、食品の中に移行された物質は人体健康に傷害を与えてはならない。

第4条第1項 食品接触材及び製品の総移行量、物質使用量、特定移行量、特定移行総量、残留量などは相応した食品安全国家標準が総移行限量、最大使用量、特定移行総量限量、最大残留量に対して要求に合致しなければならない。

FCM移行試験に関するその他の法規制及び国家標準

  • 中華人民共和国食品安全法
  • GB 31604.1 – 2015 食品安全国家標準 食品接触材及び製品移行試験通則
  • GB 31603 – 2015 食品安全国家標準 食品接触材及び製品生産通用衛生規範
  • GB 5009.156 – 2016 食品安全国家標準 食品接触材及び製品移行試験予備処理方法通則
  • GB 9685 – 2016 食品安全国家標準 食品接触材及び製品用添加物使用標準
  • GB 4806.X-2016 食品安全国家標準 食品接触材及び製品の国家標準
  • その他の関連公告

FCM移行試験の流れ


CIRSのサービス


お問い合わせ

info@cirs-group.com