韓国 共同登録協議体(CICO)本格的運営開始

2019年10月7日、K-REACH既存化学物質共同登録協議体(CICO:Chemical Substance Information Communicative Organization)が本格的な運営を開始しました。

2019年1月1日に施行された改正K-REACHにより、年間1t以上の既存化学物質について、2019年1月1日から6月30日までの間に事前申告又は遅延事前申告を行うことで、化学物質の有害性とトン数帯に応じて、登録猶予期間を取得することができます。その登録猶予期間の間、同一の登録対象既存化学物質を製造・輸入する企業は、共同登録を円滑に行うために、協議体に加入することが必要です。

共同登録協議体に加入した後、活動有無や活動の程度に基づき、役割を選択して確定できます。

  • リード登録者(Lead Registrant) コンソーシアム(Consortium)に参加し、主導的に活発な活動
  • アクティブメンバー(Active Member) コンソーシアム(Consortium)に参加し、活発な活動
  • パッシブメンバー(Passive Member)  コンソーシアム(Consortium)に参加せず、非主導的、不活発な活動
  • 休眠者(Dormant)コンソーシアム(Consortium)に参加せず、単純協議体加入

リード登録者又はアクティブメンバーを希望する企業は、早めにCICOに加入することをおすすめします。また注意が必要な点として、年間1,000t以上の既存化学物質又は年間1t以上のCMR物質について、2021年12月31日までに登録しなければなりません。より高いトン数量での登録により多くのデータが必要であるために、なるべく早く登録の業務を行うことが重要です。

共同登録の流れ

システムの情報ページ

物質情報

KE番号

CAS番号

物質名

CMR物質に該当するかどうか

事前申告のOR確認状コード、事前申告のトン数量

加入したCICO*

ファシリテーター(facilitator)情報

会社名

電話番号

CICO メンバー情報

会社名

営業許可証番号

担当者名

電話番号

事前申告のトン数量

LRを希望するか

CICOに加入する注意事項

  • 事前申告又は遅延事前申告を行った上で、CICOに加入できる
  • CICOに加入する場合、LRを希望するかどうかを選択することができる
  • 複数の企業がLRを希望する場合、CICO参加者による合意、多数決によるLRを選出する(ファシリテーターを決定した後、早くても30日後に選挙を行う)
  • ファシリテーターは、LRを選出した前の運営管理を担当し、初めてCICOに加入し、かつLRを希望する者が務める。世話役が脱退することはできず、双方合意の上で、世話役を変更する手続きを進める

* 次の状況に該当する場合、複数のCICOを構成することが可能です。

  • 消費者向けの事前申告を行った物質
  • 名称/表示が同じで、特性(例、重合度)が全く異なるポリマー
  • 名称/表示が同じで、特性が異なるそのほかの物質

別のCICOの構成を希望する場合、システムを利用して物質の特性に関する情報を提出し認可を取得する必要があります。


お問い合わせ

info@cirs-group.com