台湾 登録化学物質の年度数量報告作業開始

台湾行政院環境保護署毒物及び化学物質局は、即日から登録化学物質の年度数量報告作業を実施し、同時に化学物質登録プラットフォームを開放することを発表しました。

台湾「新規化学物質及び既存化学物質資料登録弁法(2019)」の規定に基づき、2020年4月1日以降、登録が許可された新規化学物質及び既存化学物質について、毎年4月1日から9月30日までの間に、前年度の製造または輸入量を報告しなければなりません。報告の要件も規定されています。

  • 登録者の情報
  • 承認された登録番号
  • 製造または輸入数量

企業は化学物質登録プラットフォームにログインした後、新規化学物質および既存化学物質の年度申告を選択することができます。年度報告システムは自動的に登録者の当年に数量報告を行う必要がある物質リストを表示します。「未申告物質検索」ボタンをクリックして、未申告件の登録コードを閲覧することができます。また、登録者が代理人(TPR: Third Party Representative)を指名することにより登録申請の代行が可能になります。


年度報告システムは、毎年4月1日に開放し、毎年10月1日に自動的に閉鎖します。年度報告期間内に申告または更新できない場合、主管機関に補充申告を申し込むことができます。登録者は30営業日以内に情報補充または資料更新を行う必要があります。

英語版はこちら

お問い合わせ

info@cirs-group.com