ECHA スクリーニング評価で管理措置の可能性がある236物質を選択

スクリーニング,措置

ECHA(欧州化学物質庁)は、毎年行われるスクリーニング評価で、加盟国所管当局による再精査必要となる236物質を選択した。当局の手作業によるドシェを審査し、その結果で規制上の管理措置を取る必要があるか否かを決定する。

リストアップされた物質に対し、その登録者がECHAからの通知を受け取り、当該物質の最新情報が要求される。当局は更新された情報を審査し、さらなる管理措置を取る必要か検討する(追加データの提出および規制上のリスク管理措置の実施など含む)。

コンプライアンスチェックリストに納入され、意図登録(RoI: Registry of Intentions)、欧州共同体ローリング行動計画(CoRAP)、またはPACT(Public Activities Coordination Tool)にリストアップされているが、最終の審査結果はECHAのウェブサイトで検索できる。

欧州共同体ローリング行動計画(CoRAP)または高懸念物質(SVHC)候補リストのような類似物質のグループ化に基づいて物質を選択する。類似構造、読み取り法(read-across)、届出ドシェに記入されたカテゴリーまたはほかの管理措置(例 OECD)によるグループ化にリストアップされる。

236物質のうち分類・ラベル表示 (C&L) 公開インベントリーに収載されたのは40物質、CoRAP又はSVHC候補リストに納入されたのはグループの核の39物質。グループの類似物質が同様な管理措置を取る。

スクリーニング評価で管理措置の可能性がある236物質を選択 ECHA News

お問い合わせ
info@cirs-group.com