ECHA 1物質の分類表示の調和化提案(CLH)について意見公募を開始

CLP規則(Regulation on Classification, Labelling and Packaging of substances and mixtures)は、GHSを基づくEUにおける物質および混合物の分類、表示および包装に関する規則であり、2009年1月20日に発効された。これまでのEUの分類、表示および包装システム(指令 67/548/EEC、指令 1999/45/EC)にGHSを導入し、高いレベルでの人の健康と環境の保護を実行するとともに、物質と混合物などの化学物質の自由な移動を目的として作成された。REACH規則と密接に関連し、分類、表示などの化学品の安全性情報を伝達する重要なツールである。

ECHAのリスク評価委員会は、CLP物質の分類表示の調和化提案(CLH)について意見を公募し、その意見を検討した上でCLH提案を評価する。

2018年1月16日、ECHAは以下の1物質の分類表示の調和化提案(CLH)について意見公募を開始した。意見提出期限は2018年3月19日となっている。

Name

EC No.

CAS No.

Hazard Classes Open for Commenting

Deadline for Commenting

Iprovalicarb (ISO); isopropyl [(2S)-3-methyl-1-{[1-(4-methylphenyl)ethyl]amino}-1-oxobutan-2-yl]carbamate

-

140923-17-7

Physical hazards

 Health hazards, with the exception of respiratory sensitisation and aspiration hazards

 Environmental hazards , except hazardous to the ozone layer;

19 Mar. 2018

原文はこちら