ECHA グループで化学物質を評価することで評価活動がスピードアップ


ECHAは、2020年に1,900物質をチェックしてさらなる評価の必要性を特定し、258物質に対してREACH規則の要件を遵守しているかどうかを確認するコンプライアンスチェックを実施しています。これにより、人の健康や環境への長期的な影響を明らかにするための情報を生成するための1,365件のリクエストが発生しています。胎児発育への影響、生殖毒性又は遺伝的突然変異の評価、或は化学物質の分解性、生物蓄積性および毒性に関するさらなる情報の提出が含まれます。

ECHAは、化学物質のデータが正確で最新であることを確実にするために、より効率的に物質を選択し、グループで化学物質を評価することで評価活動がスピードアップされます。企業が自発的に行動し、登録ドシェをチェックする必要もあります。

物質評価は、化学物質の生産や使用が人の健康や環境にリスクを与えるかどうかを明確にするために加盟国によって行われます。2020年に、ECHA18物質の意思決定を採択し、潜在的に懸念される物質の安全性を評価するためのさらなる情報を要求されています。

ECHA NEWS

お問い合わせ