ECHA、2018~2020年の物質評価計画(CoRAP)の草案を公表

2017年10月24日、ECHA(欧州化学物質庁)は2018~2020年の物質評価計画(CoRAP)の草案を公表しました。

計画草案には、評価対象となる107化学物質が発表されました。そのうち、91物質が2017~2019年の物質評価計画の草案に納入されました。

計画草案より、26物質が2018年に評価され、37物質が2019年に評価され、残りの44物質が2020年に評価される予定です。該当物質を登録している企業は評価当局に連絡すべきです。特に、川下使用者がこれらの資料を審査し、登録者と資料の共有するとこが重要です。

ECHAは、評価対象となる物質の用途、ばく露の想定およびばく露推定量に関する情報の更新、または化学物質安全報告書に記入されることを要求しています。2018年に評価予定の26物質は、登録者が2018年3月までに届出書類を更新する必要があります。

計画草案には、秘密にされない物質の名称、Cas番号およびEC番号を公開し、評価予定の年度、評価を実施する加盟国の連絡先、各物質のリスクに関する説明およびその懸念される領域などを公示されました。

計画の最終案は、加盟国委員会との協議をする後、2018年3月に発布する予定となります。

英語版

お問い合わせ
Email:info@cirs-group.com