Prospects of Chemical Regulations in 2019-2020 Chemical


2018年5月31日に、EU REACH規則の最後の登録期限が到来しました。REACH規則が化学物質管理に多大な影響を及ぼし、大きな成果を取得しました。REACH規則の施行に従い、多数の国および地域の所管当局は国内の実情に踏まえ、REACH規則に類似する化学物質管理制度を導入し、化学物質の安全使用を更なる強化されています。ここで、現在最も注目される化学物質管理に係わる法規制をまとめて説明します。

なお、今後1~2年内に実施しようとする化学物質に関する法規制について、注意点として理解しておく必要があります。

REACH規則に類似した法規制

施行日

事前登録/事前申告・届出を行う必要か

韓国改正K-REACH

20191月1日

必要2019/01/012019/06/30

UK-REACH

2019522日(EUを離脱する時点による決定)

必要はない

届出を行うことを通じて猶予期間の取得

トルコKKDIK

20171223

必要2020/12/31日まで

台湾TCSCA

20141211

必要第一段階の登録を行うこと

詳細内容

  • Section 1: 韓国改正K-REACH

  • Section 2: UK-REACH (Brexit)

  • Section 3: トルコKKDIK

  • Section 4: 台湾TCSCA

  • Section 5: 日本化審法(CSCL)の動向

  • Section 6: 化学物質環境リスク評価及び管理制御条例(意見募集稿)

  • Section 7: JT/T 617発効および「危険貨物道路輸送安全管理弁法」(意見募集稿)

  • Section 8:易制爆危険化学品治安管理弁法(意見募集稿)

  • Section 9: CLP規則第45条

  • Section 10: オーストラリア現行のNICNASからAICISへの移行


無料ダウンロード

  • Prospects of Chemical Regulations in 2019-2020 Chemical EN/CN