第三回アジア太平洋地域化学品法規制サミット開催(SMCR2017)のお知らせ

第三回アジア太平洋地域化学品法規制サミット開催(SMCR2017)のお知らせ

お客様各位
平素より大変お世話になっております。

2017年9月20日(水)~21日(木)に、杭州で「第三回アジア太平洋地域化学品法規制サミット」を開催することが決定いたしました。社会で注目を集めるホットな問題を巡り、中国、韓国、日本、東南アジア地域、オーストラリア連邦、欧州及び北アメリカ各国又は各地域の化学品法規制について、詳しく解読いたします。世界各国からの著名専門家をお迎えし、化学品法規制コンプライアンス経験、危険化学品管理、化学品分類監督などの話題について講演いたします。

主催者

一般社団法人産業環境管理協会(JEMAI)
杭州瑞旭産品技術有限公司(CIRS)

キーポイント

   ◎2017年アジア太平洋地域(AP地域と略称)化学品法規制に対する展望及び直面しているチャンス又はチャレンジ

AP地域最新化学品法規制

  中国新規化学物質登記(環境保護部第7号令及び指南改正案意見募集稿)

• 『自動車危険貨物運輸規則』(JT617

• アメリカ有害物質規制法(TSCA

 韓国K-REACH法規制    

•  日本化学物質審査管理法(CSCL)

◎中国危険化学品管理最新動向      

◎中国、オーストラリア連邦、東南アジア及び欧州など各地域での化学品管理      

スケジュール

•  9月20日(水) AM  EU、オーストラリア連邦、北アメリカ法規制管理
•  9月20日(水) PM  日本及び韓国法規制
•  9月21日(木) AM  中国法規制
•  9月21日(木) PM  中国及び東南アジア地域法規制管理

参加理由

•  世界各地100社企業の200人専門代表をお迎えします。
•  5時間以上の検討時間があり、豊富な交流機会をご提供いたします。
•  杭州での遊び サミットの合間に杭州の山色湖光を味わうことを楽しみにしてください。

アジア太平洋地域化学品法規制サミット、前身は中韓日化学品法規制サミットであります。中国で初めて当該地域化学品法規制に対するサミットとして、2011年開催して以来、管理当局により多大な支援をいただき、国際影響力がある化学品法規制サミットになっております。

今回のサミットはAP地域における化学品法規制動向及び監督管理をテーマとして、世界各地より化学品法規制専門家、政府官吏、知名企業代表をお迎えし、出席代表と化学品法規制動向及び解決方案を共有することを通じて、化学品企業と管理当局の双方を結び付け、有効交流を促進させ、国際学品管理についての交流を深め、その管理政策透明化を実現させ、さらに化学品工業の安全及び持続可能な発展を推進させたいと考えております。

開催背景

欧州連合REACH実施して以来、各国はそれぞれの化学品管理法規制を更新し、化学品安全管理を強化しております。日増しに厳しくなる監督審査という新しい情勢で、企業としてどのように法規制対応を完備させ、生産及び貿易の安全を保障していますか?実際作業中での技術及び経験不足、費用増加に対して、企業としてチャレンジをチャンスに転換する方策は何でしょうか?上述した問題が工業界において関心が寄せられました。今回のサミットを通して、企業と監督管理部門との理想的な交流の場を構築することを目指しております。

主題

AP地域化学品工業安全及び持続可能な発展に注力いたします

出席者

• 中、韓、日、EU化学品主管当局管理者
• 世界各地域化学品法規専門家
• 希望企業代表

プログラム

SMCR2017プログラム(2017920() 21()

919
14:00-20:00

受付

事前チェックインで入場代表証及び会議資料を取られることをお勧めでございます。

920

要旨(参考)

講演者

8:15-9:00

受付

9:00-9:10

開会挨拶

SMCR組織委員会主席

9:10-9:30

中国輸出入化学品検験の監督管理現状およびその展望

于群利 氏

副司長

国家質量監督検験検疫総局検験監司

9:30-10:10

中国危険化学品登記

陳金合 氏

危険登記責任者

中国国家安全監督総局化学品登記センター(NRCC

10:10-10:30

休憩

10:30-11:00

危険物道路輸送免除制度の現状およびその動向

呉金中

中国交通輸送部道路科学研究院主任エンジニア

11:00-11:30

「常用化学危険品貯蔵通則」
GB15603
の最新動向

林震宇

秘書長

中国貯蔵および輸送協会危険品分会

11:30-12:00

質疑応答

 

12:00-13:30

食事

13:30-14:10

日本GHS実施およびその動向についての分析

侯蓉 氏

副経理

化学品管理国際サポート中心

一般社団法人産業環境管理協会(JEMAI)

14:10-14:50

日本化審法(CSCL) 概要および2017年の改訂状況についての解読

百瀬嘉則 氏

副部長

日本環境省環境保健部

14:50-15:10

質疑応答

15:10-15:40

休憩

15:40-16:20

韓国既存化学物質登記現状

Sam Bae Park 氏

副総経理

韓国環境公団(K-ECO)

16:20-17:00

韓国PEC物質登録事例分析

Young-In Kim 

国化学融合试验研究院 (KTR)

17:00-17:30

質疑応答

18:00-20:30

懇談会

921

9:00-9:40

2018REACH規則登録期限を対応

Mercedes Vinas

Directorate of Registration

European Chemicals Agency(ECHA)

9:40-10:20

EU REACH規則の監督管理状況

Eugen Anwander
Vice Chair, ECHA Enforcement Forum

10:20-10:40

休憩

10:40-11:20

オーストラリア化学品管理の概要

 氏

Risk Management Technologies (RMT)

11:20-11:50

質疑応答

11:50-13:30

食事

13:30-14:10

中国化学品環境管理の傾向

孫錦業 氏

化学品管理技術部責任者

中国環境保護部固体廃棄物及び化学品管理技術センター(MEP-SCC)

14:10-14:50

中国新規化学物質管理の最新動向

玲 氏

審査登記部高級工程師

中国環境保護部固体廃棄物及び化学品管理技術センター(MEP-SCC)

14:50-15:10

質疑応答

15:10-15:30

休憩

15:30-16:10

検討:同じSDSでグローバルコンプライアンスが実現できるかどうか

潘晶瑾

GHSチームリーダー

杭州瑞旭産品技術有限公司

16:10-16:50

東南アジア地域化学品管理要求及び最新動向

Piyatida (Tung) Pukclai

Regional Business Development Director

Dr. Knoell Consult Thai Co. Ltd.

16:50-17:10

質疑応答

閉会挨拶

※中国語、韓国語、日本語、英語の同時通訳サビースを提供いたします。
※本プログラムは2017年9月6日に更新いたしましたが、変更される場合がございます。

参加登録

録時間

はじめての方

経験ありの方

事前登録

81日前

4000RMB/

3800RMB/

標準料金

81日後

4200RMB/

4000RMB/

登録方法
• お申込みフォーム ご入力の上、送信してください。
 E‐mail:wency@cirs-group.com 
 Fax:0086-571-87206533
• Ÿオンライン登録 は こちら

連絡先

担当者:汪琛
電話番号:0086 571 87206507
Fax:0086 571 87206533
Email: wency@cirs-group.com
住所:〒310052 杭州市滨江区秋溢路288号東冠高新科技園1号ビル11階

ビザサービスが必要でしたら、こちらにご連絡ください。

担当者:Ms. Wency Wang
Email: wency@cirs-group.com
電話番号:0086 571 87206507
Fax:0086 571 87206533

SMCR2017について詳しい内容は こちら