CIRS 台湾「中国およびEU化学品法規制対応に関する説明会」を参加

近年、台湾地域、中国大陸およびEU化学品貿易交流の発展に従い、中国新規化学物質申告、化学品安全管理、EU REACH規則登録およびサプライチェーンにおける交流などの法規制対応に関する問題は、台湾地域で広く注目されています。「新化学物質申告登記指南」の修正、「中国で厳格に制限される有毒化学品名録」の更新および危険化学品管理に対する重視などの中国化学品法規制の最新動向は、台湾企業にとっての重大な挑戦をもたらします。なお、EU REACH規則の最後の登録猶予期限を迎えるまで、登録を進むべき対応策および登録その後の監督管理は、台湾企業の高く関心を持つ話題です。

2018年5月25日(金)、台湾工業局は中国およびEU化学品法規制対応の最新動向について説明会を行います。

開催日時 2018年5月25日(金) 13:00~17:00
費  用 無料(宿泊料金は含まれない)
場  所 国立科学工芸博物館(南館1FS105教室)

主 催
  • 経済部工業局
後 援
  • 財団法人工業技術研究院
  • 財団法人安全衛生技術中心

連絡先

CIRS担当者:宋君
電話番号:0571-87206555

Email:sj@cirs-group.com   

プログラム

要旨

講演者

13:00 - 13:30

受付

 

13:30 - 13:45

開催挨拶


13:45 - 14:45

中国化学品法規制の動向および管理現状 


宋君 氏

工業化学品事業部 副マネージャー

杭州瑞旭科技グループ有限会社(CIRS

14:45 - 15:00

休憩

 

15:00 - 15:45

中国新規化学物質申告対応分析および経験紹介


呂暁飛 氏

工業化学品事業部 マネージャー

杭州瑞旭科技グループ有限会社(CIRS

15:45 - 16:30

EU REACH規則登録およびその対応

呉建興 マネージャー

スイス工業安全協会台湾事務所

16:30 - 17:00

質疑応答