ECHA、タトゥーインクと恒久的な化粧に使用される物質を制限

ECHAは、デンマーク、イタリおよびノルウェー当局と協同でタトゥーインクと恒久的な化粧に使用される物質を制限する提案書を作成すことになっています。これらの危険物質には化粧品規制の制限物質およびほかの評価される物質があります。

タトゥーを入れている人口が増えていますが、使用されるインクに対する管理措置がありません。欧州委員会の要請に従い、ECHAEU域内でタトゥーインクのリスクを制限し、その規制より社会経済への影響を評価し、提案書を作成することになります。

提案の目的は、タトゥーインクの使用を禁止またはタトゥーを制限することでははく、インクには特定危険物質の使用を規制され、インクの安全性を保証するということです。発癌物質、皮膚感作物質などの化粧品には使用禁止される物質および特定化学物質に分類される物質を含み物質の使用または濃度限度が制限されます。現状、極一部分の物質は禁止されますが、提案には明らかに禁止される予定を表示します。

インクと皮膚接触の後で引き起こすアレルギー反応または危険物質との接触により起こる反応など、タトゥーの意向がある人の健康への潜在リスクは低くなる可能性があります。

この提案は、201712月の中旬に公布する予定で、6ヶ月の意見募集期間を設定されます。

原文は こちら

お問い合わせ
Email:info@cirs-group.com