中国CFSA 2件の食品関連製品新規品種について意見公募を開始

2020年68日、中国国家食品安全リスク評価中心(CFSA)はCFSA技術審査を通過した2件の食品関連製品新規品種を公表し、社会意見募集を開始しました。中に、使用範囲を拡大する食品接触材料及び製品用添加物が1件あり、もう1件は使用範囲を拡大する食品接触材料及び製品用樹脂です。意見募集締切日は2020629日です。

1. 使用範囲を拡大する食品接触材料及び製品用添加物

製品名称

ポリエチレン

英語名称

Polyethylene

CAS番号

9002-88-4

使用範囲

プラスチック:POM

最大使用量(%)

0.3

特定移行制限量(SML/(mg/kg)

/

最大残留量(QM)/(mg/kg)

/

説明

当物質を添加したPOMプラスチック材料及び製品の使用温度は121℃以下となる。

2. 使用範囲を拡大する食品接触材料及び製品用樹脂

名称

2-Propenoic acid, polymer with 1,3-butadiene and ethenylbenzene

CAS番号

25085-39-6

使用範囲

接着剤

最大使用量(%)

製造必要から、適量使用

特定移行制限量(SML/(mg/kg)

6(アクリル酸の量で計算する)

ND1,3-ブタジエン、DL=0.01 mg/kg

最大残留量(QM)/(mg/kg)

11,3-ブタジエン)

説明

当物質を原料として製造される接着剤は、食品に間接接触する感圧接着剤としてしか使用できない。使用条件は室温でタンク充填して室温下長期保存(T70℃、t2 h 又は T100 ℃、t15 min条件下のホットタンク充填及びパスチャライゼーション)となる。


お問い合わせ

info@cirs-group.com