ニュースリリース

  • 企業がより良い素早く法規制を理解し、順調に新原料の申請を済ませ、より多い新原料を中国市場に導入するように、今回は中国最新の化粧品原料監督管理制度基づき、新原料登録のコンプライアンス要件についてご紹介いたします。
  • ポリマー備案登記を行う際に、申請者はどうすれば登記しようとする物質がポリマー備案登記の排除状況に該当するかどうかの判断したらいいですか。各条件下のポリマーの安定性について、どんな研究資料を提出すれば、裏付けされた証拠とみなされますか。 今回のセミナーは12号令に基づくポリマーのコンプライアンス要求と提案、及びCIRSが現在提供できるポリマーに関するコンサルティングとポリマー安定性研究のサービスを紹介いたします。
  • 2022年11月25日、「新規化学物質環境管理登記弁法」(生態環境部令第12号)(以下、「弁法」)に基づき、中国生態環境部は、巴斯夫杉杉電池材料(寧夏)有限公司などの企業からの新規化学物質の常規登記証申請材料6部の審査を行い、関連する要件を満たしているため登記証の申請が承認され、詳細は付属表を参照します。
  • 国民健康意識の増強に伴い、体の健康を重視している人も多くなります。また、数多くの健康調査報告から見ると、骨関節問題は既に国民健康問題トップ10の一種になり、しかも、ますます「若年化」になり、骨問題に困る90年代や00年代の若者が多いです。この背景に、自分の骨を重視して保護したくて、相関保健機能の保健食品を購買したい消費者が多いです。そして、代表的な保健食品製品はグルコサミン類製品です。
  • 「危険貨物の分類及び品名番号(UN番号)」(GB 6944-2012)によりますと、危険貨物とは、爆発性、引火性、毒性、感染性、腐食性、放射性などの危害性を持ち、輸送、貯蔵、製造、経営、使用、廃棄において特別な保護を必要とする物質や物品を指し、人身事故や財産的損害、環境汚染を引き起こす可能性があるものであります。
  • 通常、トリエタノールアミンが一般化粧品での含有量が0.5%以下の場合、含有量比率が低いため、「中華人民共和国監視化学品管理条例実施細則」の第57条によると、「各類監視化学品名録」と「第三類監視化学品に列入された増加品種リスト」中の監視化学品が一定濃度の閾値を下回る場合、データ申告と輸出入許可の申請が免除できます。
  • 2022年11月18日、「新規化学物質環境管理登記弁法」(生態環境部令第12号)(以下、「弁法」)および「新規化学物質環境管理登記に関する連絡事項に関する公告」(生態環境部公告2020年第46号)に基づき、中国生態環境部は、上海試四化学品有限公司などの新規化学物質常規登記証の変更申請材料4部、および偉思磊企業管理(上海)有限公司などの簡易登記証の変更申請材料35部の審査を行い、関連する要件を満たしているため登記証変更の申請が承認され、詳細は付属表を参照します。
  • 2022年11月18日、「新規化学物質環境管理登記弁法」(生態環境部令第12号)(以下、「弁法」)第二十四条により、現在、2022年第18組の新規化学物質環境管理簡易登記証申請の審査承認状況について公示します。
  • 1990年以来、中国の高齢化スピードが速めています。中国第七回国勢調査(人口普査)のデータに基づき、65歳および65歳以上の高齢者は国民の13.50%を占め、中国の高齢化程度は世界平均レベル(9.3%)より高いです。高齢化現象は「銀髪経済」の発展を促進し、老年製品とサービスに関する消費を拡大します。老年食品業界にとって、これはチャンスであり、チャレンジでもあります。
  • ここ数年の「国潮ブーム」の巻き起こしは、ますます多くの中国国内の新鋭ブランドが海外進出を試みていることを後押ししています。化粧品企業が輸出計画と製品開発の段階で化粧品法規の監督管理要求をより明確に理解できるように、CIRSグループは化粧品と原料コンプライアンス分野の豊富な経験に基づき、世界の化粧品法規に対して整理し、化粧品企業が法規情報収集の過程で発生しやすい情報検索の不備、困難、時間と労力がかかる問題を解決するための一冊の「グローバルな化粧品法規監督管理要求の概要指南」をまとめました。

セミナー情報

時間 : 2022-12-20
場所 : ZOOM
時間 : 2022-12-07
場所 : ZOOM
時間 : 2022-11-24
場所 : ZOOM