ニュースリリース

  • 「絶滅危惧野生動植物種の国際貿易条約」、「中華人民共和国絶滅危惧野生動物輸出入管理条例」、「野生動植物輸出入証明書管理弁法」に基づき、野生動植物及びその製品を輸出入する場合、野生動植物輸出入証明書の管理を実行します。野生動植物輸出入証明書には輸出入許可証明書と種許可証明書が含まれます。「輸出入野生動植物種商品目録」(以下、商品目録と略称する)に輸出入を制限する絶滅危惧野生動植物及びその製品を輸出入する場合、商品目録の中で国家が重点保護されている野生動植物及びその製品を輸出する場合、輸出入許可証明書の管理を実行します。輸出入が前項の商品目録に含まれるその他の野生動植物及びその製品は、種証明管理を実行します。
  • 2020年6月29日に「化粧品監督管理条例」(国令第727号)が発表されて以来、一連の関連法規が相次いで発表され、その中に化粧品新原料の登録備案に関連する新法規文書には「化粧品登録備案管理弁法」、「化粧品新原料登録備案資料管理規定」及び「化粧品安全評価技術ガイドライン」などが含まれています。2021年5月1日から、化粧品新原料登録備案はGMPAオンライン事務ホールの化粧品スマート申告審査評価システムで申請する必要があります。新法規が施行されて以来、2021年5月1日から2022年6月28日までの間に、計18の化粧品新原料が備案を成功しました。その中、13件は国産化粧品新原料、5件は輸入化粧品新原料に属します。
  • ヘマトコッカス藻は、淡水種単細胞緑藻の一種であり、緑藻門、ボルボックス目、ヘマトコッカス科、ヘマトコッカス属に属します。制限される栄養条件、或はストレス環境に、ヘマトコッカス藻は大量のアスタキサンチンを迅速的に蓄積します。Phaffia rhodozyma酵母(0.4%)、太平洋オキアミ(0.012%)、北極エビ(0.12%)などの天然由来源に比べて、ヘマトコッカス藻のアスタキサンチン含有量は5%ぐらいに達する可能です。ですので、ヘマトコッカス藻もスピルリナ、クロレラの通りに、経済価値が高い微細藻になりました。
  • 中国国家市場監督管理総局(SAMR)の情報に基づき、現時点、総計83件の特殊医学用途調整食品(FSMP)は許認可を取得しました。中に、2021年に登録認可された製品は24件があります。その中に、三分の二は非全栄養調整食品であり、この16件の製品の具体的なカテゴリーは電解質処方、炭水化物処方、蛋白質処方になります。2022年、初めて許認可を取得した製品は相変わらず非全栄養調整食品であり、前半年は2件の製品(何れも非全栄養調整食品)だけが許認可を取得しました。その中に、青島藍沛栄養健康科技有限公司より登録申請して認可取得した「藍沛特殊医学用途脂肪処方食品」は今まで初めて認可された脂肪処方の非全栄養調整食品です。
  • 香料とは、特定の官能基や特定の化学構造を持っているため、人間の嗅覚で香りを嗅ぎ分けることができる天然または人工的に合成された物質を指します。化粧品には少量で使われていますが、欠かせない原料です。しかし香料の広範な使用に伴い、安全性の問題も注目されています。
  • 保健機能を有する特殊食品として、中国監督管理部門および社会各業界は保健食品の品質安全および効能評価を十分的に重視しています。そして、試験検測は、製品が相関法規制および標準指標の要求に合致することを確認できる唯一手段です。
  • CIRS Groupは化粧品及び原料コンプライアンス分野での豊富な経験に基づき、専門チームと結びつけて企業にスマートで便利なソリューションプランを提供し、化粧品ワンストップ式デジタル化コンプライアンスサービスプラットフォーム「妆合规」(化粧品コンプライアンス)を構築し、化粧品企業の製品研究開発と発売の加速、コンプライアンスリスクの低減を支援しています。
  • 現在、市販されている口腔ケア製品は主に歯磨き粉、うがい水、口腔スプレーなどがあり比較的全面的に監督管理されているのは歯磨き粉です。2020年6月29日、国務院は「化粧品監督管理条例」を発表し、歯磨き粉の上市前と上市後の監督管理をすべてGMPAの管轄範囲内に調整し、且つ条例の一般化粧品に関する規定を参照して歯磨き粉を管理することを確定しました。2020年11月13日、国家薬品監督管理局は「歯磨き粉監督管理弁法(意見募集稿)」を発表し、歯磨き粉監督管理の基本原則と要求を明らかにしました。2021年1月6日、GMPAは「歯磨き粉備案資料規範(意見募集稿)」について意見を公募しました。
  • 現行「保健食品登録及び届出管理弁法」及びその解読法令の要求に基づき、保健食品登録申請を提出する時に、申請企業は科学的且つ全面的な研究開発報告を提供する必要です。この研究開発報告は主に、安全性論証報告、保健機能論証報告、製造工程研究報告、製品技術要求研究など四つの報告を含み、その内容は、製品配合処方組成と配合量の安全性および効能性に関する根拠、補助原料選択および製品剤形選択の合理性根拠、小規模試験の工程研究から中規模試験の工程検証までおよび工程修正の研究過程、製品技術要求各指標およびそれぞれの検測方法の確定根拠などの方面に関わります。
  • この数年、「健康中国」戦略の施行および食品消費意識の変化に伴い、国民健康産業に対して中国政府の政策支持、および食事中の効能成分と栄養成分に対して消費者の重視を示します。「機能性食品」業界の発展勢いは凄まじくて、その市場規模も計り知れないと言えます。研究データによりますと、2022年中国機能性食品の市場規模は6,000億人民元に達する見込みです。

セミナー情報

時間 : 2022-07-20
場所 : ZOOM
時間 : 2022-07-12
場所 : ZOOM
時間 : 2022-06-30
場所 : ZOOM