ニュースリリース

  • 6月3日、日本の厚生労働省は、呼吸器への健康障害や皮膚から吸収され健康障害を引き起こしうる4化学物質を確定し、当該物質を製造または取り扱う企業に対し、労働安全衛生法(ISHA)に基づく早急な予防措置を講じることを推奨しています。換気装置や工学的制御を改善し、個人用保護具(PPE)を提供することによって、これらの物質への労働者のばく露を抑え、または排除することができます。
  • 2022年1月、ASEAN諸国、中国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドが参加する地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が発効しました。RCEP発効後、加盟国域内の商品貿易の90%以上がゼロ関税に達成でき、その中、化学産業に関連するRCEP原産地規則の税番が1,000を超えており、化学工業製品の輸出入に有利です。RCEPの範囲内で、中国を含む多くの国がREACHに類似する化学品管理の法規制を実施しているため、こちらの国や地域に化学品を輸出される前に、化学品登録を行うことが求められる可能性が高いです。CIRSが作成した本ガイドラインは、RCEPによってもたらされる貿易メリットをよりよく楽しめるよう、RCEP諸国における最新の化学品管理法規制及び監督管理要求をまとめたものであります。
  • この数年、生活レベルおよび医療レベルのアップに伴い、中国住民の健康意識は増強する一方です。2020年以降、コロナの影響で、皆様は健康の重要性を更に重視し、健康への追求も更に切実的になります。この背景で、特定保健機能を有し、体の機能を調節できる健康食品(中国では、「保健食品」とも言える)は消費者に注目されます。
  • 第7回化学物質管理ミーティングは10月18日(月)10時~10月29日(金)17時までオンラインで開催されます。「化学物質管理ミーティング」は株式会社化学工業日報社により主催され、製品安全及び化学品輸出入活動を守り、各国化学品法規制の最新動向を把握できるなどのことを実現するために、各関連業界のみなさまに交流の場を提供しています。
  • CIRSは、2020年1月20日(月)~2020年1月22日(水)まで3日間、幕張メッセで開催される「第8回 国際化粧品展 - COSME TOKYO 2020-」に出展いたします。 リード エグジビション ジャパン 株式会社が主催するこの化粧品展は日本で最大です。出展企業はスキンケア、メイクアップ、ヘアケア、ボディケア、香水といった幅広い分野に及んでいます。 統計によると、2018
  • 2019年9月18日(水)~9月19日(木)にパシフィコ横浜で開催されるケミカルマテリアルJapan 2019 化学物質管理ミーティングにCIRSが参加いたします。お忙しいとは存じますが、興味がある方は是非お立ち寄りくださいませ。 2015年よりスタートした「化学物質管理ミーティング」は、株式会社化学工業日報社により主催なさいます。順調に各国化学品法規制
  • 9月18日・19日横浜市で開催された「ケミカル マテリアル Japan 2019」お陰様で無事終了いたしました。当社出展ブースに、お忙しい中お立ち寄り頂きまして、誠にありがとうございました。 今回で第5回目の開催となりました「ケミカル マテリアル Japan 2019」は、開催初日に来場者が20,000人を超えました。化学物質メーカー、マテリアルメーカー、技術・法規
  • 「化学物質管理ミーティング」は順調に各国化学品法規制の対応、製品安全の保障、適正に化学物質管理の実施、化学品輸出入活動及び経済活動の進み、各国化学品法規制の最新動向の把握などのことを実現するため開催される。
  • 「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律の一部を改正する法律」の改正案が、2017年3月に閣議決定され、6月7日に官報公布された。主に、審査特例制度における全国数量上限、毒性が強い新規化学物質の管理に関する内容が見直された。 経済産業省は、化審法および改正化審法の概要などについて、広く関係者の方に周知するため、説明会の開催を
  • お客様各位 日頃より大変お世話になっております。 掲題の件に関して、2016年11月10日(木)に、日本東京で中日韓化学品法規サミットを開催することになりましたので、以下の通りご案内させて頂きます。 お忙しいとは存じますが、興味にある方は是非ご参加ください。 ◆開催背景◆ 中国においては各種化学品管理規制が導入されておりますが、近年発

セミナー情報

時間 : 2022-07-20
場所 : ZOOM
時間 : 2022-07-12
場所 : ZOOM
時間 : 2022-06-30
場所 : ZOOM