ニュースリリース

  • 2022年9月8日、中国台湾の環境保護署は、食品衛生上の懸念がある化学物質、新精神活性物質、爆発性化学物質の3つのカテゴリー、合計15種類のが環境懸念物質として追加され、その製造、輸入、販売、使用、貯蔵、輸送活動を規制することを提案しました。意見募集期間は14日間です。
  • 2021年7月23日、CIRSが協力した企業の台湾地域の化学物質標準登録申請は、主管部門の審査を順調に通過され、登録のコードが発給されました。今回登録完了のカーボンブラックは重要な補助剤として、ゴム、インク、塗料、プラスチックなどの分野に広く応用されます。台湾でカーボンブラックの標準登録作業を行う場合、個別登録であれ共同登録であれ、CIRSは最善の解決策を提供しております。
  • 2021年3月31日に、台湾地区環境保護署毒物及び化学物質局の公式サイトで発布された情報により、4月1日から、化学物質の申告活動が開始します。
  • 2020年9月17日、台湾地域環境保護主管部門は「毒性化学物質運用申請及び化学物質資料登録費用徴収基準」(以下「費用徴収基準」という)の改正草案を発表しました。企業の負担を軽減するため、新規化学物質及び既存化学物質登録に関わる費用徴収基準が調整されました。 1. 「新化学物質及び既存化学物質資料登録弁法」(以下「弁法」という)の
  • 2020年6月9日、台湾行政院環境保護署毒物及び化学物質局は「既存化学物質標準登録資料作成ガイダンス第1版」(以下「ガイダンス」という)を公布しました。「ガイダンス」は、2019年に発表された「段階的に登録が指定される既存化学物質標準登録ガイドライン(草案)」と比べ、既存化学物質標準登録の資料準備や作成について詳しく紹介し、企業の法
  • 台湾行政院環境保護署毒物及び化学物質局は、即日から登録化学物質の年度数量報告作業を実施し、同時に化学物質登録プラットフォームを開放することを発表しました。 台湾「新規化学物質及び既存化学物質資料登録弁法(2019)」の規定に基づき、2020年4月1日以降、登録が許可された新規化学物質及び既存化学物質について、毎年4月1日から9月30日
  • 2018年8月22日、台湾行政院環境保護署毒物及び化学物質局による開かれた標準登録の説明会では、「新規化学物質及び既存化学物質資料登録弁法」を実施する前、指定した106物質の標準登録について詳しく説明した。
  • 台湾行政院環境保護署は新規および既存化学物質の登録弁法に関する修正草案について、2018年3月31日から5月29日までの間、意見募集が行われています。新規または既存化学物質の登録について、実施して以来の全面的な修正を行う。
  • 2017年11月9日、台湾環境保護署による提出した「毒性および懸念化学物質管理法」改正草案は台湾行政院で通過され、立法院に提出することを決定します。 今回の改正は、国連の国際的な化学品管理政策を参考し、台湾化学物質の安全使用を確保するためのものです。 改正要点 一、毒性化学物質だけではなく、ほかの懸念化学物質も規制対象となります。
  • 台湾の新規化学物質登録及び既存化学物質(後期第一段階登録)申請代行業務 1.法規概要 a. 毒性化学物質管理法(Toxic Chemical Substance Control Act;TCSCA) 実施日 2014年12月11日 所管当局 環境保護署 主な下位法 新化学物質及び既存化学物質資料登録弁法 「毒性化学物質管理法」により、台湾で年間100kg以上の既存化学物質を製造/輸入する場合は、既存化学物質の

セミナー情報

時間 : 2022-10-20
場所 : ZOOM
時間 : 2022-09-28
場所 : ZOOM
時間 : 2022-08-31
場所 : ZOOM