ニュースリリース

  • ここ数年の「国潮ブーム」の巻き起こしは、ますます多くの中国国内の新鋭ブランドが海外進出を試みていることを後押ししています。化粧品企業が輸出計画と製品開発の段階で化粧品法規の監督管理要求をより明確に理解できるように、CIRSグループは化粧品と原料コンプライアンス分野の豊富な経験に基づき、世界の化粧品法規に対して整理し、化粧品企業が法規情報収集の過程で発生しやすい情報検索の不備、困難、時間と労力がかかる問題を解決するための一冊の「グローバルな化粧品法規監督管理要求の概要指南」をまとめました。
  • 2022年6月27日、タイは有害物質の製造・輸入届出要件の更新内容を「王国政府公報」で掲載し、9月26日(公表から90日後)に発効します。タイ工業省工場局(DIW)による統計された「製造・輸入する有害物質リスト」に収録されるものは、有害物質の対象となります。
  • マレーシア労働安全衛生部(Dosh)は、国連の「化学品の分類および表示に関する世界調和システム」(GHS)改訂第8版と整合させるため、安全衛生規則の改訂に関する意見募集しています。
  • 2022年1月、ASEAN諸国、中国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドが参加する地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が発効しました。RCEP発効後、加盟国域内の商品貿易の90%以上がゼロ関税に達成でき、その中、化学産業に関連するRCEP原産地規則の税番が1,000を超えており、化学工業製品の輸出入に有利です。RCEPの範囲内で、中国を含む多くの国がREACHに類似する化学品管理の法規制を実施しているため、こちらの国や地域に化学品を輸出される前に、化学品登録を行うことが求められる可能性が高いです。CIRSが作成した本ガイドラインは、RCEPによってもたらされる貿易メリットをよりよく楽しめるよう、RCEP諸国における最新の化学品管理法規制及び監督管理要求をまとめたものであります。
  • この数年、生活レベルおよび医療レベルのアップに伴い、中国住民の健康意識は増強する一方です。2020年以降、コロナの影響で、皆様は健康の重要性を更に重視し、健康への追求も更に切実的になります。この背景で、特定保健機能を有し、体の機能を調節できる健康食品(中国では、「保健食品」とも言える)は消費者に注目されます。
  • 2022年4月4日、シンガポールは化学品の分類、表示(ラベル)、及び安全データシート(SDS)規格(SS 586)の改正草案を発表し、社会意見を公募しました。意見公募の締め切りは2022年6月6日です。
  • 2020年10月16日にベトナム商工省(MOIT)・化学品庁は、国家化学物質インベントリへの物質情報の追加を再開することを発表しました。今回の追加収載の期限は2021年4月15日とされています。 必要な情報 製造者及びその住所 ベトナム輸入者 化学物質名 CAS番号 SDS 輸入量(Kg) ベトナム会社との販売契約書 海外製造者/輸出者とベトナム会社との領収書 Tips 弊
  • 化学品法規管理が厳格化されており、化学物質の製造、輸入及び使用現状をより正確に把握・管理することが求められています。べトナムでは化学物質リストの作成が進められています。 ベトナムにおいては、2018年7月31日から国家化学品データベースの運用が開始されました。2018 年9月に国家化学物質インベントリ草案第3版(NCI草案、既存化学物質リス
  • 2019年11月、フィリピン環境天然資源省(DENR)は「ポリマーおよび低懸念ポリマー(PLC)の製造および輸入前届出(PMPIN)からの免除についての行政命令」(DAO 2019-18)を公布しました。公布後の15日後に発効されます。PMPIN義務から免除手続き上の要件および費用などを明確にしました。 PMPIN 新規化学物質の製造及び輸入の事前届出制度 Ÿ 簡易な届出(A
  • ベトナムではここ数年、化粧品輸入の市場が大きく拡大している。国際貿易センター(ITC)および世界銀行(WB)の統計データによると、2011年から2016年まで化粧品の輸入額が倍増して11億ドルへ増え、2020年には22億ドルを超えると推計されている。輸入市場を拡大させるため、ベトナムは自由貿易協定へ加入したことにより、化粧品の関税が0- 5%にまで引き

セミナー情報

時間 : 2022-12-20
場所 : ZOOM
時間 : 2022-12-07
場所 : ZOOM
時間 : 2022-11-24
場所 : ZOOM