ニュースリリース

  • 企業がより良い素早く法規制を理解し、順調に新原料の申請を済ませ、より多い新原料を中国市場に導入するように、今回は中国最新の化粧品原料監督管理制度基づき、新原料登録のコンプライアンス要件についてご紹介いたします。
  • 通常、トリエタノールアミンが一般化粧品での含有量が0.5%以下の場合、含有量比率が低いため、「中華人民共和国監視化学品管理条例実施細則」の第57条によると、「各類監視化学品名録」と「第三類監視化学品に列入された増加品種リスト」中の監視化学品が一定濃度の閾値を下回る場合、データ申告と輸出入許可の申請が免除できます。
  • ここ数年の「国潮ブーム」の巻き起こしは、ますます多くの中国国内の新鋭ブランドが海外進出を試みていることを後押ししています。化粧品企業が輸出計画と製品開発の段階で化粧品法規の監督管理要求をより明確に理解できるように、CIRSグループは化粧品と原料コンプライアンス分野の豊富な経験に基づき、世界の化粧品法規に対して整理し、化粧品企業が法規情報収集の過程で発生しやすい情報検索の不備、困難、時間と労力がかかる問題を解決するための一冊の「グローバルな化粧品法規監督管理要求の概要指南」をまとめました。
  • 2022年11月4日、EU SCCSは、化粧品におけるトリクロルカルバンとトリクロサンの潜在的な内分泌かく乱性評価を発表し、化粧品におけるトリクロルカルバンとトリクロサンの安全性の問題点を明確にし、証明しました。SCCSは、潜在的な内分泌の影響を含むすべての利用可能な情報の安全性評価を行った結果、次のような結論を導き出しました。
  • 10月20日、CIRSグループ日化事業部は「化粧品原料伝送コード申請要求及び事例分析」の無料研修会議を開催しました。延べ800以上の方が参加されました。以下、会議中各企業が問い合わせされた質問をまとめて共有いたします。
  • 2022年以降、化粧品の不当な宣伝による関連処罰が続出しているのは、中国が化粧品の宣伝に対してより厳しく、規範化している一方で、一部の化粧品企業が関連法規に対する認識が不足しているためです。例えば、一般化粧品は特殊な用途があり、企業が「ある大学」「ある研究所」と連携して生産しており、医療用語に関する「製薬基準で生産された」と新型コロナウイルスに明らかな抑制効果があるなどと宣伝するのは違法です。
  • 2022年9月15日、人類の健康と安全を保護するため、EU委員会がG/TBT/N/EU/924を発表し、欧州議会と理事会が策定した化粧品の香料アレルゲンラベルに関する法規制第1223/2009号条例を改訂しました。
  • 中国化粧品ラベルは医療用語、医学有名人の名前、医療作用と効果を表す言葉、あるいは承認された薬品名を使用し、製品が医療作用を有することを明示または暗示すること、虚偽、誇張、絶対化された言葉を使用し、虚偽または誤解を招くようなことを記述すること、商標、図案、字体の色の大きさ、色の違い、語呂合わせ又は暗示的な文字、アルファベット、中国語ピンイン、数字、マークなどを使って医療作用を暗示したり、虚偽の宣伝をすることなどを禁止します。
  • 「化粧品登録備案資料管理規定」第三十一条第二項の規定に基づき、輸入化粧品の登録者、備案者又は境内責任者は生産国(地区)の製品の販売パッケージ(説明書を含む)及び外国語ラベルの中国語翻訳を提出しなければなりません。
  • 2022年9月、もう一つの企業はCIRSグループの協力の下で化粧品新原料備案番号を順調に取得しました。新法規が施行されて以来、34件の化粧品新原料が備案を通過しました。その中に18件は中国国産化粧品新原料に属し、16件は輸入化粧品新原料に属します。

セミナー情報

時間 : 2022-12-20
場所 : ZOOM
時間 : 2022-12-07
場所 : ZOOM
時間 : 2022-11-24
場所 : ZOOM