ニュースリリース

  • 2022年09月05日に、農業農村部弁公庁から洗浄類製品と消毒類製品は農薬であるかどうかに関する認定意見を公表しました。新認定意見により、ラベルに「除菌」「ダニ駆除」などの効能が記載される洗濯液、ハンドソープ、排水管洗浄剤などの洗浄類製品や消毒類製品は、上記の農薬の管理対象に該当せず、農薬として管理されないとのことです。
  • 米国において、農薬助剤は連邦殺虫剤・殺菌剤・殺鼠剤法(FIFRA)および関連する州の規制によって厳しく規制されています。 環境保護庁(EPA)は、農薬助剤の登記(登録)の管理に責任があり、混合助剤の各成分を含む農薬製剤の製造に使用される助剤は、EPAによる使用が承認されている必要があり、農薬での使用が許可されている承認済み助剤は、承認済み助剤リストに記載されます。食用農産物または作物に適用される農薬助剤の成分については、明確な残留制限または関連する免除政策を策定する必要があります。
  • 米国での農薬の販売と使用は、連邦殺虫剤・殺菌剤・殺鼠剤法(FIFRA)および関連する州の規制によって厳しく規制されています。環境保護庁(EPA)は、農薬登録の管理に責任があり、一種の農薬製品が米国に輸出され、且つ米国で使用される場合、米国EPAによる登録が免除されている一部の製品を除き、他のすべての製品は、登録する前にFIFRAの第136条に従って登記(登録)しなければなりません。
  • 非農薬用途製品備案受理範囲 非農薬用途製品備案:「中華人民共和国輸出入農薬管理名録」に収載されている農薬は「農薬管理条例」第2条が規定されている農薬用途以外の製品:医薬品、動物用薬品、塗料、染料など 農薬の成分を含まないが、有害な昆虫を物理的に殺すか排除する製品:ネズミ粘着シート、ハエ取り用粘着シート、昆虫誘引剤など。
  • 農薬のリスク評価は、特定の条件下での科学的データとモデルに基づいており、特定の環境における農薬が人間の健康と環境に対する農薬の悪影響の可能性と重大性を科学的な評価を行うことを指します。農薬登記資料の重要な部分としての農薬リスク評価報告書は、健康リスク評価報告書、環境リスク評価報告書、膳食リスク評価報告書の3つの種類が含まれています。2017年に施行された「農薬登録資料要求」では、各種の製品登録種類に必要なリスク評価が明確に規定されています。
  • CIRS Groupは、大手農薬企業CRO SynTech Research Group社と正式な連携協定を締結しています。 SynTech Research Groupは、ヨーロッパ・北アメリカ・ラテンアメリカでの影響力が大きい、農業用化学品、生物刺激剤及び生物的防除業界に、全方位の薬効試験・化学物質GLP(動植物毒性試験)・法規制対応・市場支援などのサービスを提供します。連携協定の締結により、両社は互いにサービスを広め、プロジェクト、研究項目、またはタスクの外部委託ができます。
  • 中国は肥料製品登記管理制度を実行し、未登記の肥料製品は中国国内で輸入、生産、販売、宣伝することはできません。
  • 中国国内で生産・取引・使用される農薬は、登記しなければなりません。農薬とは、農業、林業に被害を与える病気、昆虫、草、ネズミとその他有害生物を予防、退治し、及び植物、昆虫の成長を意図的に調節する化学合成若しくは生物、その他の天然物質からの1種物質若しくは複数物質の混合物及びその製剤を指します。

セミナー情報

時間 : 2022-10-20
場所 : ZOOM
時間 : 2022-09-28
場所 : ZOOM
時間 : 2022-08-31
場所 : ZOOM