中国新規化学物質

2010年10月15日から施行された「新化学物質環境管理弁法」(中国環境保護部第7号令)によりますと、中国国内で新規化学物質を生産又は輸入する前に、環境保護部化学品登記センターに新規化学物質申告書類を提出し、新規化学物質環境管理登記証を取得しなければいけません。

新規化学物質とは、「中国既存化学物質名録」に記載されていない化学物質というものです。調製品に含まれる新規化学物質および物品に意図的に放出する新規化学物質も対象として、申告する必要があります。なお、医薬、農薬、獣薬、化粧品、食品添加剤、飼料添加剤などの製品の生産原料や中間体は、新規化学物質であれば、申告しなければなりません。

申告種類

  • 常規申告 ≥1t 
  • 簡易申告(基本) <1t
  • 簡易申告の(特殊)
    • 中間体 <1t
    • 輸出専用 <1t
    • 科学研究 0.1~1トン未満
    • ポリマー 低懸念または新規化学物質単体含量2%未満
    • プロセスや製品研究開発用 10トン未満、且つ2年間以内
  • 科学研究届出
    • 0.1トン未満
    • 中国で生態毒性試験用

弊社のサービス 

  • 法規制コンサルティング及び国内代理人サービス
  • 化学物質の新規性調査
  • お客様のニーズに応え、ビジネス展開を考慮した申告戦略の提出
  • 各種試験のアレンジ、モニタリング、データの取得等
  • 申告材料審査、作成、提出
  • リスク評価報告の作成
  • 当局への書類届出および当局からの指摘対応


中国REACH法規ーー新化学物質環境管理弁法(環境保護部令第7号)

中国新規化学物質の申告