中国食品法規サービス

背景

中国国家統計局の統計によると、2018年の中国食品輸入総額は648億ドルであり、2017年の543億ドルと比べると、15%以上伸びました。中国の食品輸入総額は二年引き続き二桁の伸び率に達し、中国は既に世界最大の食品輸入国になりました。市場ニーズが増える一方で、食品に対して中国政府の検査もますます厳しくなります。「史上最も厳しい」と言われる「中華人民共和国食品安全法」改正案が20154月に公布されたことに伴い、健康食品法規改正案、特殊医学用途調整食品(FSMP)法規、乳幼児調整粉ミルク法規、食品接触材及び製品標準改正案等の法規も次々に公布されました。中国食品安全法律法規の体系がさらに完善されたことを示します。「中華人民共和国食品安全法」によると、これらの法規は中国域内で食品及び食品関連製品の生産者経営者に適用されます。

CIRS食品安全及び法規事業部

2007年に創立された杭州瑞旭科技グループ有限会社(CIRS)はグローバルな製品安全管理コンサルティングサービス機構であり、本社が中国杭州にあり、アイルランド、アメリカ、韓国、北京、南京、寧波、杭州など、多数の子会社及びラボラトリーを設置しております。2013年に設立された独資子会社の杭州希科検測技術有限会社(C&K Testing)は、化学品、化粧品、消費品、食品及び食品関連製品などの法規対応試験を実施いたします。

CIRS食品安全及び法規事業部は80%以上の食品関連専攻の大学院生と50%以上の海外知名学校留学生からなります。創立された以来、食品法規技術チームは多年の食品法規対応経験、中国食品法規及び食品業界に対する深い理解に基づき、企業のニーズに従って全面的合理的な応対方案を提出し、数多くの海外食品企業のために食品に関するワンストップコンプライアンスサービスを提供いたします。

当社の食品法規への対応サービス

食品及び特殊食品の法規制対応

食品接触材及び製品の法規制対応

ペットフードの法規制対応

最適化サービス

CIRSの強み

政府の支持

CIRSは中国国家質量監督検験検疫総局、商務部により推薦されたサービス機構

現地化メリット

中国国内情報、法規動向を即時把握

ワンストップサービス

川上川下食品企業に専門的且つ全面的なサービスを提供

広い連携ネット

多数の協会、ラボラトリー、大使館、海外コンサルティング企業と良い連携関係を保つ

高い職業素質

CIRS食品法規技術チームは5年以上の食品従業経験を持つ専門家より組成

コミュニケーション能力

CIRS食品法規技術チームは中国語英語日本語に精通し、海外企業に精確高品質なサービスを提供

CIRS食品安全及び法規事業部は専門的な技術、豊富な知識及びグローバルな連携ネットに基づき、お客様に中国一般食品と食品接触材料及び製品の中国法規制対応、健康食品登録及び届出サービス、乳幼児調整粉ミルク登録サービス、特殊医学用途調整食品(FSMP)登録サービス、検査手配サービス、法規動向フォロー及びトレーニングサービスなどを提供致します。企業のコンプライアンス向上、速やかな市場参入の実現、競争力アップにお役に立ちます。