グローバルGHSへの対応

GHSとは?

GHS(Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals) とは、化学品の危険有害性(ハザード)ごとに分類基準及びラベルや安全データシートの 内容を調和させ、世界的に統一されたルールとして提供するものです。GHSは2002年12月に開催された国連危険貨物運送及びグローバル化学品統一分類及びラベル制度専門家委員会会議で可決されました。実施に伴い2年ごとに更新します。 全世界GHSに対応する主要義務として現地法規言葉と法規の要求に従うSDSとラベルを提供致します。

全世界GHSの施行状況

欧州連合以外、日本、韓国、中国とブラジルなど世界主要国家と地域はもう次第にGHSを施行しています。そして、アメリカとカナダもGHSを施行するつもりです。アメリカを例として、2015年6月1日から、すべてのSDSとラベルはアメリカOSHA標準に従わなければなりません。これは世界の主要工業化国家がGHSを施行することを示しています。ちなみに、GHSを施行していることにしても、各国家と地域の特定の要求があります。例えば、言葉やある法規の詳細などが違います。このため、国家と地区の相違点に対し、それぞれGHS制度を特別に作成する必要があります。

詳細は以下の通り、

GHSの施行国 施行日 施行標準 特殊要求
中国 GHSはもう実施している。新標準は2014年11月より発効されていた。 GB 30000.2-29-2013
GB/T 16483-2008
GB/T 17519-2013
分類がある製品に対し、国外企業は一つ以上の国内24時間緊急電話を提供しなければならない。中国語で編制すべきだ。
欧州連合 2010.12.1(物質)
2015.6.1(混合物)
Regulation (EC) No 1272/2008 CLP付録VIの統一分類明細書を物質の最小分類とします。加盟国の当局言語で編制すべきだ。
アメリカ 2015.6.1 Hazcom 2012 ラベルに緊急救助情報と防火情報を明記しなければならない。英語で編制すべきだ。
日本 GHSはもう施行しているが、最新標準は2017.1.1より発効予定 JIS Z 7252-2014
JIS Z 7253-2012
推薦分類物質が存在するので、その推薦分類を参考したほうがいい。日本語で編成すべきだ。
韓国 2010.6.30(物質)
2013.6.30(混合物)
MOEL NO. 2013-37 MOE統一分類明細書分类を参考し、韓国語で編制すべきだ。
カナダ 2015.2.11
(2017.5.31までは猶予期間)
WHMIS 2.0 英語とフランス語のGHSを同時に提供すべきだ。
トルコ 2015.6.1(物質)
2016.6.1(混合物)
CLP-like(CLP法規に似る) CLP添付書類VI参考
ブラジル 2015.6.1 NBR 14725:2012 ブラジルポルトガル語 で編制すべきだ。
メキシコ 非強制 NMX-R-019-SCFI-2011 メキシコのスペイン語で編制すべきだ。
マレーシア 2015.4.17 CLASS 2013
ICOP 2014
ICOP 2014の強制統一分類を参考し、英語とマレー語のGHSを提供すべきだ。
タイ 2013(物質)
2017.3.13(混合物)
B.E.2555 タイ語で編制すべきだ。
インドネシア 2010(物質)
2017.12.31(混合物)
Regulation No. 23/M-IND/PER/4/2013 インドネシア語で編制すべきだ。
台湾地区 2014.7.3 CNS 15030 繁体字で編制すべきだ。

SDSとは?

SDSとは、Safety Data Sheetの略称で、「製品安全データシート」とも呼ばれています。化学製品の性質を正しく理解し、安全にお取り扱いいただくために、人や環境に対する有害性や引火・爆発性などの性質、取り扱い上の注意、緊急時の措置などに関する情報を記載した説明書です。SDSは情報伝送の媒介者の一つとして欧州連合REACH法規で強制的に要求されているものです。

どんな場合でSDSが必要か?

企業の製品は危険化学品名録に編入された場合、またはGHS標準によって製品は危害物質に分類された場合、自らSDSを提供すべきです。そして、上記の条件を満足しないにしても、輸入者が自らSDSの提供を要求された場合、業界の物質分類ラベル要求が厳しくなる場合にも、サプライチェーンでSDSを提供すべきです。

どんな場合でSDSを更新すべきか?

物質への理解深化に伴い、企業側が物質の物理性、化学性、毒性と生態毒性情報をもっと多く取れば、物質のSDSも変えるべきです。

一部の国家と地域の法規には移行期間があります。移行期間までに、SDSの物質危害情報の一部を更新すべきです。

欧州連合REACH法規の登録完了後、SDSをeSDS(Extended Safety Data Sheet)に拡大される必要があるため、化学品安全報告(CSR)の暴露場面を付属文書としてeSDSに入れるべきです。

2015年6月1日より、すべての欧州連合市場で生産するや欧州連合市場に参入する混合物の分類とラベルはCLP法規に従って制定しなければならないので、SDSも必ず更新すべきです。

2015年6月1日より、アメリカHazCom (HCS) 2012は強制的に施行されるため、企業のSDSとラベルはHCS 2012標準に合わなければなりません。

中国化学品事故24時間緊急電話サービスとは?

現在、中国法規によって、MSDS及びラベルに「24時間緊急電話サービス」(以下、コールセンター)についての記載が義務付けられることになりました。

中国化学品24時間緊急電話サービスとは、中国国内での化学品事故の際に、現場からNRCCの運営する救援コールセンターに電話連絡があった場合、中国の法令に基づき、同センターが24時間年中無休で事故現場をサポートする「緊急電話サービス」のことを指します。

弊社サービス

SDS/MSDSの作成

★ 欧州連合CLP-REGULATION (EC) No 1272/2008
★ 中国GHS-GB/T 17519-2013&GB/T16483-2008
★ 日本GHS-JIZ Z 7253:2012
★ 韓国GHS-MOEL NO.2013-37
★ 台湾地区GHS-CNS 15030
★ アメリカGHS- Hazcom 2012
★ カナダGHS- WHMIS 2015
★ トルコGHS- SEA No. 28848
★ ブラジルGHS- NBR 14725:2012
★ メキシコGHS- NMX-R-019-SCFI-2011
★ マレーシアGHS- CLASS 2013
★ タイGHS- B.E. 2555
★ インドネシアGHS- Regulation No. 23/M-IND/PER/4/2013
★ ほかの国家と地区のGHS(ロシア、東南アジア、オーストラリア、ニュージーランドなど)。
 

中国GHS対応トレーニング及び法規コンサルティング

中国24時間緊急電話サービスの提供

連絡先

杭州瑞旭製品技術会社

電話:0571-87206555ファックス:0571-87206533

Email:service@cirs-reach.com;  jeany.yang@cirs-group.com(日本語対応可)

Web: www.cirs-group.com/jp/