GHS

GHS(Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals)とは、化学品の危険有害性(ハザード)ごとに分類基準及びラベルやSDS(安全データシート)の内容を調和させ、世界的に統一されたルールとして提供するものです。多くの国でGHSが導入され、SDSの提供及びラベル表示が義務付けられます。

SDS(安全データシート):有害性のおそれがある化学物質を含む製品を譲渡または提供する際に、その危険有害性や安全な取り扱い方法に関する情報を提供するための文書です。化学物質名、製品名、物理化学的性質、危険有害性、安全上の措置、保管方法、取扱方法、緊急対応措置などが記載されます。

ラベル(Label):化学品の危険有害性情報や適切な取扱い方法を伝達するため、容器、外部梱包に貼付または印刷されるものです。ラベルには、絵表示、注意喚起語と危険有害性情報、注意書き、製剤の特定名、製造業者または輸入業者に関する情報が記載されています。

当社のサービス

  • 中国向けSDSやラベルの作成
  • EU CLP規則対応SDSやラベルの作成
  • 日本・韓国・アメリカ・カナダ向けSDSやラベルの作成
  • 中国の24時間緊急電話対応サービス
  • その他の国家及び地域のGHS対応サービス(ブラジル、東南アジア各国及び台湾地域など)



UN GHS

UN GHSーー改訂第7版が公表

GHSーー各国の実施状況  

中国GHS——実施状況、分類基準及び対応義務

中国GHS——化学品分類、包装、ラベル及びSDSの作成