ECHA 第21次追加SVHC 4物質を公表


2019年7月16日、ECHA(欧州化学物質庁)は第21次SVHC物質を公表しました。4物質が追加されることにより、SVHCリストは合計201物質になりました。

REACH規則により、以下の物質を含むのは、SVHC(Substances of Very High Concern、高懸念物質)と見なされます。

  • 発がん性、変異原性、生殖毒性の化学物質(CMR:Carcinogenic, Mutagenic or toxic to Reproduction)、CLP規則における有害性カテゴリー1Aまたは1Bに分類されている物質
  • REACH規則の附属書XIIIに定める基準に従って難分解性、生体蓄積性および毒性を有する物質
  • REACH規則の附属書XIIIに定める基準に従って極めて難分解性で高い生体蓄積性を有する物質
  • 内分泌かく乱性を有する物質のような、人の健康または環境へ重大な影響が起こりうる科学的な証拠があり、上記の物質と同等のレベルの懸念を生じさせるような物質

SVHCに関する候補物質のリストが作成され、供給業者に情報提供およびECHAへの通知などが義務付けられています。

#

Substance name

EC number

CAS number

Reason for inclusion

1

2-methoxyethyl acetate

エチレングリコールモノメチルエーテルアセテート

203-772-9

110-49-6

Toxic for reproduction (Article 57 (c))(生殖毒性)

2

Tris(4-nonylphenyl, branched and linear) phosphite (TNPP) with 0.1% w/w of 4-nonylphenol, branched and linear (4-NP)

亜リン酸トリス(直鎖、分岐鎖4-ノニルフェニル) (TNPP)(直鎖、分岐鎖4-ノニルフェノール(4-NP)を0.1w/w%以上含有するもの)

-

-

Endocrine disrupting properties (Article 57(f) – environment)

(環境への内分泌かく乱性)

3

2,3,3,3-tetrafluoro-2-(heptafluoropropoxy)propionic acid, its salts and its acyl halides (covering any of their individual isomers and combinations thereof)

2,3,3,3-テトラフルオロ-2-(ヘプタフルオロプロポキシ)プロピオン酸とその塩およびその酸ハロゲン化物(各異性体およびその混合物を含む)

-

-

Equivalent level of concern having probable serious effects to the environment (Article 57(f) - environment)

Equivalent level of concern having probable serious effects to human health (Article 57(f) – human health)

(環境に対する重大な影響をもたらすおそれと同等レベル)

(人に対する重大な影響をもたらすおそれと同等レベル)

4

4-tert-butylphenol

4‐ターシャリ-ブチルフェノール

202-679-0

98-54-4

Endocrine disrupting properties (Article 57(f) – environment)

(環境への内分泌かく乱性)

ECHA News


お問い合わせ

info@cirs-group.com