セミナー情報

  • 時間 : 2022-06-15
    場所 : ZOOM
    言語 : 日本語
    費用 : 無料
    この数年、中国新食品原料を登録申請する国内外企業が多くなりました。2021年全年だけで、中国国家衛生健康委員会(NHC)は総計27件の新食品原料登録申請を受理しました。2020年全年受理件数の2倍以上です。新食品原料登録を申請する時、原料の研究開発報告、安全性評価報告、製造工程などの資料を準備しなければなりません。その中に、資格あるリスク評価機構より発行した「安全性評価意見」は、2014年に追加要求される資料として、新食品原料の登録申請に重要的な役割を演じます。
  • 時間 : 2022-05-19
    場所 : ZOOM
    言語 : 日本語
    費用 : 無料
    「化粧品監督管理条例」が公布された後、GMPAはさらに一連の化粧品新規則を発表し、化粧品の効能性を源から保障し、企業に研究開発を重視するよう促しました。「化粧品監督管理条例」は、化粧品登録者、備案者は化粧品の品質安全及び効能に対して責任を負うことと指摘しました。化粧品の効能宣伝には十分な科学的根拠を提供しなければなりません。化粧品の登録者、備案者は国務院薬品監督管理部門が規定する専門ウェブサイトで効能宣伝が基づいた文献資料、研究データ又は製品効能評価資料の要約を公表し、社会監督を受けなければなりません。
  • 時間 : 2022-05-12
    場所 : ZOOM
    言語 : 日本語
    費用 : 無料
    消毒・抗菌製品及び殺虫防蚊製品は、日常化学品業界下の二つ重要な細分内容であると同時に、日常化学品企業が進出したい分野でもあります。2022年、該当二つ細分内容は、その中国マーケティング規模が100億元を超え、且つ年毎に、5%-10%のスピードで成長しています。一般的な化粧品とは違い、消毒・抗菌製品及び殺虫防蚊製品は中国の他の法規に管理されていて、製品の処方、安全性試験、ラベル、登記備案と外注加工に対して、ユニークな管理要求が設置されます。
  • 時間 : 2022-04-22
    場所 : ZOOM
    言語 : 日本語
    費用 : 無料
    過去数年、固体飲料が特殊医学用途調整食品(FSMP)、乳幼児用調整粉ミルク、保健食品を偽ることはよく発生しました。ラベル設計で製品属性を曖昧させる以外、ばらばらの機能性宣伝も数多くの消費者を惑わします。消費者が類似製品をよく判別できますように、中国市場監督管理総局(SAMR)は固体飲料などの食品に対して特別項目整頓活動を行う以外、固体飲料ラベルに対して特定的な新規制も公布しました。新規制は2022年6月1日から施行し、固体飲料ラベルに対して今回の新規制は重大的な変化とも言え、ほぼ全ての企業を影響します。
  • 時間 : 2022-04-21
    場所 : ZOOM
    言語 : 日本語
    費用 : 無料
    《新化学物質環境管理登記弁法》(生態環境部令第12号)は、2021年1月1日から、全面的に実施されました。その同時に、旧法規の《新化学物質環境管理弁法》(2010年1月19日に発布されました環境保護部令第7号)は失効となります。7号令に比べ、当局は12号令申請の一式文書に対する要求がより高くなっています。当局が一式文書審査時の特殊な要求、注目点、よくある指摘内容をまとめて、CIRSは長年の申請経験を利用し、対応方法を考えて、12号令登記申請をより効率的に完成させることを遂げていますので、企業の皆さんにも紹介いたします。
  • 時間 : 2022-04-15
    場所 : ZOOM
    言語 : 日本語
    費用 : 無料
    2022年3月31日に、中検院は「化粧品安全技術規範2022年版」について、会社全体に公開意見募集することを発表しました。「化粧品衛生監督条例」1989年発表を上位法規制として、「化粧品安全技術規範」2015年版は中国の化粧品監督と業界発展の重要法規制として作成されました。「化粧品安全技術規範」は2015年の発表以来、他修訂内容は複数の公告に発表されていて、今まで8回の修正追加が出されています。業界発展のニーズに伴い、「規範」の適用性と実用性を高めるために、「規範」及び追加された複数の公告内容を合わる必要があります。「条例」及び関連法規制の創新制度と監督理念を着実に実行し、系統かつ完備の「規範」2022年版を作成し、それに基づき、化粧品管理と生産研究の業務を導かないといけません
  • 時間 : 2022-03-22
    場所 : ZOOM
    言語 : 日本語,英語,中国語
    費用 : 無料
    目下の複雑的な保健食品監督管理体系に基づき、各企業が保健食品法規制の監督管理要求をしっかり把握でき、2022年の新チャンスをつかむできますように、CIRS食品法規事業部はWebセミナーを開催いたします。2021年中国保健食品の新版法規制をまとめ、登録・届出申請過程中の操作経験を共有し、保健食品ラベル表示の最新要求を整理いたします。
  • 時間 : 2022-03-02
    場所 : ZOOM
    言語 : 中国語ー日本語同時通訳
    費用 : 1名につき27,500円(税込み)
    この度、日本化学工業日報社が主催したWEBセミナーに、CIRS食品法規事業部専門家は、中国食品接触材料規制に関する標準体系紹介、最新の制定/改正状況、ポジティブリスト紹介、各関連企業の規制適合対応ステップ及び対応ポイント、新規食品接触物質の登録申請及び要点分析、2021年関連製品の抜き取り検査の不適合状況分析などについて詳しく解説いたします。
  • 時間 : 2022-02-24
    場所 : ZOOM
    言語 : 日本語
    費用 : 無料
    2020年6月29日,「化粧品監督管理条例」が発表されて以来、「化粧品登録備案管理弁法」、「化粧品新原料登録備案資料管理規定」、「化粧品安全評価技術ガイダンス」などの下位規則も次々と発表されました。化粧品の安全性は化粧品原料の安全性で決めますので、新法がかなりの程度で原料への管制措置を強化しました。例えば、化粧品新原料のリスク階層管理、新化粧品原料の監視期間管理などです。
  • 時間 : 2022-02-17
    場所 : ZOOM
    言語 : 日本語
    費用 : 無料
    中国危険化学物質の有害性情報を効率的に伝達、及びライフサイクル全体にわたって正確な監督管理を実施するため、企業及び危険化学物質ごとに「一つの企業、一つの製品、一つのコード」の措置が広東省でまず講じられました。

セミナー情報

時間 : 2022-06-15
場所 : ZOOM
時間 : 2022-05-19
場所 : ZOOM
時間 : 2022-05-12
場所 : ZOOM