応急管理部 全国安全生産特別改善の3ヵ年行動計画の発表

中国応急管理部は「全国安全生産特別改善の3ヵ年行動計画」を発表しました。事故のリスクが高い炭鉱、非炭鉱山、危険化学品、消防、道路運輸、民用航空や鉄道などの交通運輸、工業園区、都市建設、危険廃棄物など9分野が対象となります。そのうち、安全生産の事故が多発した状況を改善するために、危険化学品の安全生産をさらに強化します。

(一)重大安全リスク管理コントロール能力を強化する

高リスク化学工業項目の参入条件の厳格化を求めます。化学工業産業の発展計画の制定の加速化、2022年末までに区を設ける市は危険化学品の禁止、制限、コントロール目録の制定・整備などを推進し、危険化学品を生産する企業による技術レベルアップ・改造をサポートします。

化工園区の安全リスク管理コントロールレベルを高め、潜在的リスクの全面的検査を展開します。各省クラス政府は、2020年10月末までに、管轄する地区における化工園区に対して評価して等級に分けて、そのリストを公布します。2021年末までに、A級の化工園区を閉鎖・撤退させます。B級の化工園区(より高い安全リスク)は、原則として新設および拡張については制限します。2022年末までに、C級(一般安全リスク)又はD級(より低い安全リスク)に未達成の化工園区を閉鎖・撤退させます。

危険化学品の運輸、使用および廃棄物処理などの安全管理を強化します。危険貨物の安全運輸に対する監督管理を強化し、参入基準を厳格化し、許可を経ずに、いかなる組織および個人も運輸を経営してはいけません。「政府主導、複数部門協調、情報化サポート、産業チェーン全体の監督管理」の危険化学品運輸安全予防コントロール体系の構築を積極的に促します。

(二)危険化学品企業の安全レベルを高める

危険化学品を生産・貯蔵する企業の外部安全保護距離を全面的に検査します。危険化学品企業の自動化コントロール水準を高めます。企業の技術イノベーションを促進し、危険化学品安全生産の法規標準を整備します。

(三)従業員の專門的な能力をアップする

従業員に対する教育と訓練を強化します。危険化学品企業の主要責任者に対して、毎年一回以上の法律意識、リスク意識および事故教訓の警示教育を行わなければなりません。安全生産管理知識の重点考課内容に基づき、危険化学品企業の主要責任者に対して、毎年一回以上の考課を展開しなければなりません。

(四)企業の安全生産主体責任を遂行する

厳格で、高精度な監督管理を実施します。化工・危険化学品企業に対する法律執行計画を制定・公布し、事故責任の追究を強化します。事故が発生した危険化学品企業に対し、厳格に安全生産許可証の一時的に没収または取り消しに関する規定を執行します。

(五)安全監督管理能力を引き上げる

危険化学品安全監督管理チームの能力を向上させます。「インターネット+監督管理」のモデルで危険化学品安全管理レベルを高めます。危険化学品安全監督管理情報共有プラットフォームの構築を加速し、監督管理情報の収集と共有を実現します。

お問い合わせ

info@cirs-group.com