中国における老年食品業界のチャンス及びチャレンジについて

2022-11-22 CIRS

1990年以来、中国の高齢化スピードが速めています。中国第七回国勢調査(人口普査)のデータに基づき、65歳および65歳以上の高齢者は国民の13.50%を占め、中国の高齢化程度は世界平均レベル(9.3%)より高いです。高齢化現象は「銀髪経済」の発展を促進し、老年製品とサービスに関する消費を拡大します。老年食品業界にとって、これはチャンスであり、チャレンジでもあります。

市場チャンス

中国の高齢化は段々深刻化になり、2050年に中国の高齢者は4.5億に達する見込みです。高齢者人数の増加に伴い、基礎疾病有りのお年寄り、身体機能失いのお年寄りの人数も共に増えます。そして、高齢者人数が多くなると、老年食品の需要量も激増します。

中国食品工業協会などの機構で共同公布した「2019-2020中国食品消費趨勢及び創新白書」によりますと、高齢者一人あたりの平均消費は「2.26万人民元/年」となり、一人あたりの生活類消費は「1.56万人民元/年」、中に、39%の消費は食品に関わります。中国保健協会の調査によりますと、中国毎年の消費者販売額は2,000億人民元に達し、中に、高齢消費者は半数以上を占めます。つまり、高齢者の消費能力も巨大的です。

業界チャレンジ

「虚偽宣伝」などの原因で、老年食品を疑う消費者が多いとも言えます。一般的に、高齢者の生活圏が狭くて、外界新事物への理解も足りないので、まやかしを見分ける能力が不足です。従いまして、会議、講座、健康コンサル、専門家ボランティア診療などの形式を利用することで、高齢者に虚偽宣伝し、高齢者の信頼を騙し、高齢者の高価消費をけしかける不法企業も一杯あります。

類似したニュースが次々と出現したため、老年食品に対する消費者の信頼度は低めます。食品自分自身は問題製品ではないのに、不法企業の違法行為に巻き添えされてしまうこともよくあります。

老年食品の現状

一般食品

一般的に、高齢者向けの一般食品は、老年粉乳、老年オート(わりむぎ)、老年ごまペースト、老年蓮根粉などの溶けた後に食用類食品、または繊細で柔らかくて食べ易いお菓子類食品などがあります。実に、市場販売で「高齢者食用に適する」と表示する食品は、食品処方組成、栄養成分組成の方面から見ると、ほかの一般食品と明確的な差異がなくて、単なる宣伝の手段です。例えば、高齢者咀嚼に便利なお菓子でありながら、脂質も糖分も高いので、高齢者の大量食用に不適合です。

法規制の方面に、現時点、一般食品の中に「高齢者向け」の食品カテゴリーがなくて、「高齢者食用に適する」という表示内容も法規制根拠がありません。国家標準がなくて、監督管理の方面にも曖昧的なので、製品競争力をアップする為に製品が「高齢者食用に適する」と宣伝する企業が一杯です。ただし、この数年に公布/施行した相関法規制や公告から見ると、特定対象者に関わりの類似表示は段々に制限されます。

  • 2022年1月7日、中国市場監督管理総局(SAMR)は「市場監督管理総局が固体飲料品質安全監督管理の強化に関する公告」(2021年第46号)を公布し、以下を明確します:固体飲料のラベル、説明書及び宣伝資料は文字或は図案を利用して製品が未成年者、老人、妊産婦、病人、栄養リスクあるヒト或は栄養不良ヒトなどの特殊対象者に適用することを明示、暗示、強調してはいけません。
  • 2020年7月27日、中国当局は「食品標識監督管理弁法(意見募集稿)」を公布し、当規制の第十二条に基づき、法律法規、規制および食品安全国家標準などの規定がない場合、食品の標識は文字または図案を利用して製品が乳幼児、児童、老人、妊婦などの特殊対象者に適用することを明示、暗示、強調してはいけません。
  • 2019年12月31日、中国当局は「食品安全国家標準 包装済み食品ラベル通則(意見募集稿)」を公布し、当法規に基づき、ラベル及び説明書に特殊対象者食用に関わる内容を表示する場合、特殊対象者の特殊的な栄養需要に満足できる証明証拠を有すべきです。

特殊膳食用食品

2018年9月7日、中国国家衛生健康委員会は老年食品の標準―「食品安全国家標準 老年食品通則(意見募集稿)」を公布し、老年食品の法的地位を確定する予定です。現時点、当標準はまだ正式施行していません。

上述社会意見募集稿に基づき、老年食品は特殊膳食用食品(特殊膳食用食品について詳しくはこちら)に属します。その定義及び相関分類は以下の通りです。

定義

分類

適用対象者

食品物理性状の改善、及び(又は)膳食(栄養)成分の種類と含有量を調整することで、咀嚼及び(又は)咽下機能減退、栄養不良の高齢者生理特徴に応じ、その飲食需要または栄養需要を満足する特殊膳食食品。

易食食品

食品物理性状を改善することで、咀嚼及び(又は)咽下機能減退の高齢者の膳食需要を満足する特殊膳食食品。形態は固態から液態までとなり、軟質型、細砕型、ペースト型、高粘型、中粘型、低粘型を含む。

咀嚼咽下機能減退の高齢者

老年栄養調整食品

乳類、乳蛋白製品、大豆蛋白製品、穀物類及びその製品を主要原料として、適量的なビタミン、ミネラル及び(又は)他の成分を添加して加工製造される特殊膳食食品。栄養不良及び(又は)栄養需要有りの高齢者に適用し、その栄養成分は高齢者全ての栄養需要に満足できる。

正常に食事摂取できない高齢者、高齢者の食事を代替できる

老年栄養補充食品

乳類、乳蛋白製品、大豆蛋白製品の中の一種または一種以上をベースとして、ビタミン、ミネラル及び(又は)他の成分を添加して加工製造され、高齢者の栄養補充需要に応じ、高齢者の栄養状況を改善する特殊膳食食品。

膳食摂取不バランスの高齢者

「中華人民共和国食品安全法」に基づき、老年食品は特殊食品に属しないので、市場販売する前に中国当局への登録/届出申請は不要です。保健食品に比べて、製品の研究開発から使用販売までの所要周期は大幅に短縮できます。ただし、製造販売の実現までに、まだ製品標準及び関連規制の正式施行を待つ必要です。

保健食品

老年食品は主に保健食品であるとも言えます。具体的に言えば、ビタミン・ミネラル補充を目的とする栄養素補助剤、及び特定保健機能を表示する機能性保健食品に分けられます。

高齢者は生理機能減退及び疾病の影響で、ビタミン・ミネラル不足で栄養素欠乏症を出現することはよくあります。例えば、カルシウムとビタミンDの欠乏で骨粗鬆症、など。そして、栄養素補助剤は高齢者日常需要の栄養素を有効的に補充することができます。

現時点、機能性保健食品が表示可能な保健機能は総計27種があり、将来に24種までに減少する予定です。下表の通りに、高齢者の健康問題に関わる保健機能が多いです。高齢者は自分自身の需要に応じて適合的な保健食品を選択することができます。例えば、「三高」(高血脂、高血糖、高血圧)の高齢者は血脂低下、血糖低下、血圧低下の保健食品を選択することができます。

NO.

現行の保健機能(27種)

暫定の新保健効能(24種)

※「保健食品表示可能な保健効能目録 非栄養素補助剤(2022年版)(意見募集稿)」に基づき

1

免疫力増強

免疫力増強を助ける

2

抗酸化

抗酸化を助ける

3

記憶力改善

記憶力改善を助ける

4

視疲労の緩和

視覚疲労の緩和

5

のど清涼

のど清涼潤喉

6

睡眠改善

睡眠改善を助ける

7

体疲労の緩和

体疲労の緩和

8

酸素不足耐性増強

耐酸素不足

9

ダイエット

体内脂肪制御を助ける

10

骨密度増加

骨密度改善を助ける

11

栄養性貧血改善

鉄欠乏性貧血改善

12

痤瘡除去

痤瘡改善を助ける

13

肝斑除去

肝斑改善を助ける

14

皮膚水分改善

皮膚水分状況改善を助ける

15

腸菌群調節

腸菌群調節を助ける

16

消化促進

消化を助ける

17

通便

潤腸通便を助ける

18

胃粘膜損傷の補助保護機能

胃粘膜保護の補助

19

血脂低下

血脂(コレステロール/トリアシルグリセロール)健康水平の維持を助ける

20

血糖低下

血糖健康水平維持を助ける

21

血圧低下

血圧健康水平維持を助ける

22

化学性肝臓損傷の補助保護機能

化学性肝臓損傷の補助保護作用

23

放射線危害の補助保護作用

電離放射線危害の補助保護作用

24

鉛排出促進

鉛排出を助ける

25

泌乳促進

キャンセル予定

26

成長発育改善

キャンセル予定

27

皮膚油分改善

キャンセル予定

保健食品は特殊食品に属し、市場販売する前に中国当局への登録/届出申請は必要であり、具体的には下表をご確認ください。届出類保健食品は、毒性学試験も効能評価試験も不要ので、申請コストは少なくて、所要周期も短くて、従いまして、迅速的な市場進入を実現することができます。ただし、届出類保健食品の原料も補助原料も、何れもリスク制で管理し、また、届出申請可能な製品剤形も少ないので、市販製品の同質化はとても厳重的だと言えます。製品ブランド知名度がないなら、市場に競争力がないかもしれません。登録類保健食品なら、原料、補助原料、製品剤形の方面に企業の選択が多いですが、その試験コストが高くて、所要周期も長いです。また、現時点、効能評価方法もまだ正式施行していないので、効能評価試験の実際執行は不能で、製品の申請プロセスにも影響があります。

保健食品分類

申請方式

国産製品

輸入製品

栄養素補助剤

届出

届出

機能性保健食品

コエンザイムQ10、壊れた壁霊芝胞子粉末、スピルリナ、魚油、メラトニンを単一原料とする機能性保健食品

届出

登録

他の機能性保健食品

登録

登録

老年食品の未来動向

規範化

老年食品は、製品標準の正式施行を待つ必要です。保健食品は高齢者の体の機能を調節できるかもしれませんが、その目的は高齢者の栄養需要満足ではありません。従いまして、咀嚼咽下困難で食事を正常的に摂取できない高齢者にとって、咀嚼咽下に便利な食品も、日常栄養需要を満足/補充できる食事代替製品も、栄養素補助剤類製品も、何れも重要的です。製品標準が正式施行された後、老年食品は規範化になり、高齢者の栄養健康状況も改善されるはずだと考えております。

多様化

高齢者が食品に対する生理的・心理的な需要を満足する為に、老年食品はペースト状、粉状、お菓子状などの種類に制限されるべきではなくて、予調理食品、飲用品、間食類食品など、何れも老年食品の研究開発方向です。各年齢層、咀嚼能力違いの高齢者の需要に応じる為に、企業は製品の硬さ、粘度などに対して相応的に調整することができます。また、保健食品効能評価方法が正式施行した後に、より多くの高齢者向けの保健食品も出現する見込みです。

監督管理と正面宣伝の強化

今まで、老年食品市場にての詐欺と虚偽宣伝は頻発します。2022年4月以来、中国SAMRは全国範囲内に養老詐欺を整備する専門行動を行い、高齢者に関わる「食品」、「保健食品」領域にての詐欺問題を重点的に整備します。将来に、SAMRは高齢者に関わる「食品」、「保健食品」領域にての違法問題の常態化整備を推し進めます。

整備活動以外、老年食品の正面宣伝を強化することも、消費者信頼を増強する重要的な手段です。現時点、マイナスニュースが一杯で、消費者が老年食品に対する印象も悪くなります。消費者の誤解を解ける為に、権威的な科学普及及びポジティブな導きが必要です。

まとめ

現時点、市場にての老年食品は主に保健食品となり、それ以外、他の老年食品は統一的な標準がないので、分類混乱、機能単一などの問題があります。従いまして、中国の老年食品市場はまだ巨大的な発展空間があります。老年食品の国家標準及び保健食品効能評価方法が正式施行し、老年食品業界の規範化をもたらし、老年食品業界の多様化を期待しております。

 

 

関連ニュース

 

CIRSのサービス

 

 

お問い合わせ

service@cirs-group.com

セミナー情報

時間 : 2022-12-20
場所 : ZOOM
時間 : 2022-12-07
場所 : ZOOM
時間 : 2022-11-24
場所 : ZOOM