韓国Chemtopiaと「Current International Regulations of Chemical Substance Management Seminar」を開催

CIRSは2月1日、韓国Chemtopiaと「Current International Regulations of Chemical Substance Management Seminar」を開催した。中国、EU、韓国、日本などの国または地域における化学品法規制に焦点を当てた、各国または地域の法規制に関する最新動向紹介をした。関連企業80社以上を参加し、貿易の技術的障害の取り扱いを検討した。

CIRSの高級コンサルタント 宋君がEU REACH規則およびケース分析について講演を行った。最終登録期限に近づいているのに、早めに登録業務の準備を展開する重要性を強調し、LRを担当するメリットの説明を通じて、積極的にLRを担当することを提案する。

講演

CIRSのアジア太平洋エリアマネージャー 呂暁飛が中国環境保護部第7号令および対応する届出のガイダンス文書について講演を行った。指南改訂の影響、第7号令に関する最新動向を紹介した。

法規制

なお、韓国の講演者は、MSDSにおけるCBI(営業秘密情報)の取り扱い、K-REACH規則の共同提出、現行の化評法の修正案などの話題を検討した。参加企業は、REACH登録だけではなく、中国危険化学品および新規化学物質の監督管理に注目している。現場で提出された問題は、CIRSが積極的に対応した。


お問い合わせ
info@cirs-group.com