上海外高橋(ワイガオチャオ)港エリア税関が102トンの危険化学品石炭コークスアスファルトの不正輸出を押収

2022-09-21 CIRS

最近、ある企業が輸出申告した石炭コークスアスファルト2バッチが上海税関管轄の外高橋港エリア税関の検査を受け、危険化学品目録(2015年版)に収載されている危険化学品であることと判明し、合計102トンが検出されました。

https://www.cirs-group.com/files/bjaxmp0rnwn4/content/2022/09/bxknljanaw3k.png

図 上海外高橋港エリア税関に押収された不正輸出の危険化学品

該社は、商品を「一般貨物」と申告し、外装に通常のトン袋を使用し、名称や重量表示、注意喚起の表示、成分含有量の表示は一切ありませんでした。該社は危険化学物質を税関に正直に申告せず、虚偽の輸出申告により税関の検査・監督を逃れていた疑いがありますので、 本件は、後続処理を行っています。

 

税関のTips

「中華人民共和国輸出入商品検験法」及びその実施条例、「危険化学品安全管理条例」等の関連規定により、「危険化学品目録」(2015年版)に収載されている輸出入危険化学品は法定検査商品であり、輸出入時に荷受人、荷送人またはその代理人が税関に申告し、税関の検査・監督を受けなければなりません。

 

 

関連ニュース

 

サービス

 

 

お問い合わせ

service@cirs-group.com

セミナー情報

時間 : 2022-10-20
場所 : ZOOM
時間 : 2022-09-28
場所 : ZOOM
時間 : 2022-08-31
場所 : ZOOM