中国新化学物質共同登記及びデータ共有プラットフォーム(ChinaSIEF)が正式公開!

国内外の企業が新規化学物質登記に対するコンプライアンスのコストを軽減させるため、CIRSは中国新化学物質共同登記及びデータ共有プラットフォーム(China SIEF)を正式的に公開します!


China SIEFプラットフォームを通じ:

  • 登記完了の新規化学物質及び企業情報の検索。
  • 共同登記及びデータ共有により、新規化学物質登記のコストが節約できる。
  • データの販売により、試験コストの一部回収。


China SIEFの背景

SIEFはEU REACH法規制下の物質情報交換フォーラム(Substance Information Exchange Forum)ということで、その目的が同一物質の潜在的登記者の情報交換及びデータ共有を促進することです。


生態環境部第12号令(2020)によると、新規化学物質が生産前・輸入前に登記しなければなりません。第十二条では、中国政府は登記者の新規化学物質環境管理登記データの共有を提唱します。また、第十七条の規定では、二つ以上の登記者が同時に同一新規化学物質の環境管理登記を申請する場合、共同で申請資料を提出し、共同登記を行うことができます。

新規化学物質に関するの法律の監督管理および法執行が強化するにつれて、国内外の多くの企業は新法規に対応する必要な試験の高費用を負担することができません。それに対し、CIRSのChina SIEFプラットフォームの共同登記及びデータ共有を通じ、コンプライアンスのコストを著しく低減することができます。



お問い合わせ

info@cirs-group.com