中国 一般食品の適合性分析

この数年来、中国に食品を進出した企業が多くなります。しかし、食品原材料のコンプライアンス違反、製品品質の不標準、中国語ラベルのコンプライアンス違反などの原因で出入境検験検疫総局によって廃棄し、或は返品された食品がたくさんあります。コンプライアンス違反の海外企業が記録され、さらに公布されたこともあり、企業は不必要な損失を被ります。関連企業にとって、輸出前の中国法規対応及び課題解決が重要だと考えます。

一般食品(中国では「包装済み食品」とも呼ぶ)とは

包装済み食品とは、予め定量に包装され、及び予め包装資材と容器の中に定量制作され、一定の範囲内に統一的な質量或は体積標識を有する食品です。

関連法規

NO.

法規制

1

法律法規

中華人民共和国食品安全法

2

中華人民共和国広告法

3

輸出入食品安全管理弁法

4

輸出入包装済み食品ラベル検験監督管理規定

5

一般標準

GB 2760 – 2014 食品安全国家標準 食品添加剤使用標準

6

GB 14880 – 2012 食品安全国家標準 食品栄養強化剤使用標準

7

GB 2761 – 2017 食品安全国家標準 食品中真菌毒素限量

8

GB 2762 – 2017 食品安全国家標準 食品中汚染物限量

9

GB 2763 – 2016 食品安全国家標準 食品中農薬最大残留限量

10

GB 29921 – 2013 食品安全国家標準 食品中致病菌限量

11

ラベル標準

GB 7718 – 2012 食品安全国家標準 包装済み食品ラベル通則

12

GB 28050 – 2011 食品安全国家標準 包装済み食品栄養表示通則

13

GB 13432 – 2013 食品安全国家標準 包装済み特殊膳食食品ラベル

輸入一般食品の法規制適合性を判断する要素

  • 食品成分(原材料)の適合性状況
  • 食品品質の適合性状況
  • 原語ラベル及び中国語ラベルの適合性状況

一般食品の法規制適合性を判断する流れ

流れ

適合性分析

1

製品分類判定(中国GB

処方、製造工程などの状況に基づき、製品に適合する中国国家標準(GB)を判定する。

2

処方分析

I.食品原材料及び食品添加物の使用可否状況を分析する。

II.食品添加物添加量の適合状況を分析する。

3

原語ラベル審査、中国語ラベル設計、原語ラベル翻訳

I.原語ラベルを中国語に翻訳する。

II.原語ラベル及び中国法規制に基づき、適合な中国語ラベルを設計する。

栄養成分検査

I.初回輸入する一般食品は栄養成分検査報告を提出しなければならない。栄養成分検査の項目はエネルギー、タンパク質、脂質、炭水化物、ナトリウム及びその他の栄養機能を有する栄養素となる。

II.製品品質で不合格製品になることを避けるために、輸入する前に資格あるラボラトリーでGB検査を行う必要がある。乳製品、植物油などの製品を輸入する場合、企業はGB検査報告を提出しなければならない。

GB項目検査

4

輸入

契約書、インボイス、原産地証明などの通関に必要な書類を提出する。

CIRSのサービス

CIRSは専門的・全面的な食品法規制適合性分析サービスを提供します。

  • 一般食品に適合する中国国家標準(GB)の判定
  • 一般食品処方(原材料及び食品添加物)の適合性分析
  • 一般食品ラベルの翻訳、審査及び設計
  • 一般食品の栄養成分検査
  • 一般食品のGB項目検査
  • 法規制動向のモニタリング
  • 法規制のトレーニング
  • その他の最適化ザービス

英語版はこちら

お問い合わせ

info@cirs-group.com