食品接触材の処方適合性分析

食品接触材とは

食品接触材(FCMFood Contact Material)は、通常の使用条件下で、食品或は食品添加物に接触した/接触可能、またはその成分が接触する食品に移行する可能性がある材料及び製品を指します。食品製造、加工、包装、運送、保存、販売、使用の過程において食品用の包装材、容器、工具及び設備、又は食品に直接的或は間接的に接触するインク、接着剤、潤滑油なども含まれます。清浄剤、消毒剤及び公共水道施設が含ません。

FCM処方に関する法規制

「中華人民共和国食品安全法」第四十一条食品関連製品の製造は法律、法規及び食品安全国家標準の要求に合致しなければなりません。

FCM処方に関する法規制及び中国国家標準

  • 中華人民共和国食品安全法
  • GB 4806.1 – 2016 食品接触材料及び製品通用安全要求
  • GB 4806.X - 2016 食品接触材料及び製品の国家標準
  • GB 9685 – 2016 食品接触材料及び製品用添加物使用標準
  • その他の関連した公告

処方適合性分析の流れ


CIRSのサービス


お問い合わせ

info@cirs-group.com