EU 5物質をPOPs規制に追加すると提案される!

2022-06-14 CIRS

2022年5月24日、欧州化学機関(ECHA)は、ストックホルム条約の残留性有機汚染物質(POPs)リスト草案への追加収載が見込まれ、または提案すでにされている5種の化学物質について、社会意見公募を開始しました。意見募集の締め切りは2022年7月19日です。

これらの物質が締約国会議において正式にストックホルム条約に収載される場合、欧州委員会は条約の要求に沿ってEU POPs規則を改正する予定です。POPs規制の施行により、製品の生産、使用、輸出に影響を与えることが予想され、企業は早急に対策を講じる必要があります。

5物質の情報と主な用途は以下のとおり:

物質名

CAS番号

主要用途

2-(2H-benzotriazol-2-yl)-4,6-ditertpentylphenol

25973-55-1

紫外線吸収剤として、表面コーティング、プラスチックやインキの添加剤及びパーソナルケア製品によく使用される。また、紫外線安定剤として、プラスチックシュリンクフィルム、屋外家具、クリアコーティングされた車の仕上げに使用される。

Chlorinated paraffins with carbon chain lengths in the range C14-17 and chlorination levels at or exceeding 45 per cent chlorine by weight

主に電気・電子製品の可塑剤として、ケーブルや電線の被覆材や絶縁材、塗料やワニスの塩素化ゴム樹脂コーティングやコポリマーコーティング、接着剤、シーラントなどに使用される。

Chlorpyrifos

2921-88-2

殺虫剤

Dechlorane Plus and its syn- and anti-isomers

13560-89-9;135821-03-3;135821-74-8

非可塑性難燃剤として、粘着剤、シーラント、接合剤などに使用される。

Long-chain perfluorocarboxylic acids, their salts and related compounds

潤滑剤、湿潤剤、可塑剤、腐食防止剤として、耐火材、耐水材である繊維、皮革、紙及びその他の特殊分野などの表面処理に使用される。

 

背景

1.新POPs提案とは?

新規物質が「POPs提案」に含まれるためには、「ストックホルム条約」または「POPs議定書」に収載されている必要があります。

2.新POPs提案を提出できるのは誰ですか?

EUを含むストックホルム条約の締約国は、条約の附属書に新しいPOPsを追加する提案を提出することができます。EU加盟国は、欧州委員会に提案を提出することができます。その提案は、「条約」の付属書Dに記載されているスクリーニング基準を参照して物質の性質を評価できます。

 

 

関連ニュース

 

サービス

 

 

お問い合わせ

service@cirs-group.com

セミナー情報

時間 : 2022-07-20
場所 : ZOOM
時間 : 2022-07-12
場所 : ZOOM
時間 : 2022-06-30
場所 : ZOOM